about this blog

このblogは、へっぽこゲーマーdoyonのゲーム日記です。

 

攻略情報は無いし、エンターテイメントを狙ってもいない単なる個人の備忘録なので、読んで面白いものではないと思います。
なので、「つかえネー」とか「面白くネー」という指摘は勘弁してください。

なお、ネタバレ全開で注意書きもしないので、ネタバレが嫌な方は見ないように御注意ください。

tffac20171017.jpg

何度も出てくる五連打のどこかで必ずミスをしてしまい、繋がる気配の無かったジェノバ超絶をやっとフルチェインしましたー(´▽`)オレハヤッタ!!!

プレイヤーズサイトで確認してみたら、88回目でのフルチェインでした。意外。
意外というのは、少ないなーという意外。てっきり100回は軽くやってるものかと思ってました。

実を言えば、今日はとてつもなく調子が悪くて、ヘロヘロ~ッと叩いていたんですよね・・・。
やはり、苦手曲は集中せずに叩くのがフルチェインするコツのような気がして悲しいです。

とりあえず、これで超絶難易度11の曲は全曲フルチェイン達成しました。
私の場合、フルチェイン出来るかどうかと曲の難易度はあまり関係がないというか、連打の有無で出来る出来ないが決まってくるので、難易度で区切るのは意味が無いかもしれませんが、やはり難易度一覧を見た時にフルチェインのオレンジで埋まっていると頑張ったなー(´▽`)感があって嬉しいものです。

さて、難易度12は・・・(´◉◞౪◟◉)グフッ

東の大陸に渡ったところまで。

本日のタイトル画面(´▽`)
LostSphear20171016-001.jpg

ボス戦では大体一度全滅しながら進めているロストスフィアです(´▽`)アチャー

私がアホなのか、ボス戦のバランスが難しめなのかわかりませんが、とにかくいやらしいタイプのボスが多いゲームですね@w@;
まあ、簡単すぎるよりは歯応えがあった方が達成感はあると思うし、やり直せば大体クリアできるので今のところは問題なしです。

途中で出てきたギアだの、浮かんでる人だの、謎要素も徐々にちりばめられつつお話が進んでいます。
あのギアは・・・、まあどう考えてもピーーーーーッですけどね・・orz

お話自体は王道的だけれど、この話の進め方なら多分次はこうくるだろうという予測をしばしば小刻みに裏切ってくれるので、今のところは楽しく進められています。

戦巫女(だっけ?)さんが仲間になったところまで。

機装入手あたりから戦闘がキツくなってきて、ゲームオーバーを連発しています(´▽`)ダメダコリャ
LostSphear20171015-001.jpg

装備は店売り最強のものを揃え、珠(だっけ?)1個分ずつ強化した状態で、多分標準的な強化具合ではないかなーと思うのですが、出会う敵は全部倒しながら進んでいるにもかかわらず、既に5回くらいゲームオーバーになっていてげんなり@w@;

基本的な戦闘システムを理解していないのが悪いのでしょうが、何をどうやったら戦闘を有利に進められるのかがサッパリ分からないのですよね。
ゼノギアスのギアのような騎乗して戦う機装はサクッとエネルギー切れで使えなくなるし、一撃死は多いしで困り果てています。
今どきのゲームでレベル上げが必要ということはないでしょうし、何かを根本的に間違えている予感がヒシヒシと・・orz

遠距離攻撃タイプのキャラの場合、いちいち立ち位置を指定しなければならないのも面倒です。
ボス戦はともかく、雑魚戦は自動でやって欲しかった・・というか、主人公以外はAIで動くようにして欲しかったです。

主人公といえば、今作はプレイヤーが主人公のセリフを選択するという場面がなくて、自分(プレイヤー)の分身ではない一人のキャラクターとして見ていられてイイ感じです。
カナタ君は、物凄く常識人で穏やかそうな言動をするのに、いざという時は物凄く頑固で暴力的なところがハラハラさせられます(´▽`)

LostSphear20171015-002.jpg

周りの言うことを一応聞きつつも、結局は自分の思い通りに突っ走って周りを巻き込んでいくというのが、前作のセツナに通じるようで怖いですね(´◉◞౪◟◉)

私はオッサン好きなので、やはりオバロおじさんに惹かれます(´▽`)
体格の良すぎる魔法使いオッサンキャラというのがなかなかに新鮮でイイです。

LostSphear20171015-003.jpg

帝国に辿り着いたところまで。

3人パーティーになったらタイトル画面が変わりました(´▽`)
LostSphear20171012-001.jpg

音楽目当てで、システムとかストーリーとかにはそれほど期待していなかったのが良かったのか、なかなかに良い感触なロストスフィアです(´▽`)

手放しで面白い!ということはありませんが、細かいところで気が利いているというか、プレイヤーを飽きさせないように、あの手この手の小技を仕込んできているなーという感じがします。

それと、いけにえと雪のセツナの刹那システムなど、基本的なところは継承されているので、セツナをプレイしたことのある私はかなり取っつきやすいです。まあ、別に未プレイでも何の問題もなさそうですけれども(´▽`)

とりあえず、釣り要素があるので ALL OK!な気がしてきました。
超簡単爆釣ミニゲームだけれど、お魚釣りは楽しいですね(´▽`)

LostSphear20171012-002.jpg

おまけ。食べ物の絵が軽く飯テロで辛い@w@;
LostSphear20171012-003.jpg

LostSphear20171011-001.jpg

いけにえと雪のセツナと同じ開発メンバが作った?らしい?LOST SPHEARを開始しました(´▽`)

ちなみに、本来の発売日は明日なのですが、DL版の特典?で一日前倒しで開始です。

正直に言えば、いけにえと雪のセツナがかなり微妙感漂う作品だったので、今作は見送りかなと思っていました。
でも、セツナの音楽がとても好きだったので、試しにLOST SPHEARのサイトを見に行ってみたら、やはりとても良い雰囲気の曲なのですよね(´▽`)スンバラシイ

というわけで、今回は音楽目当てで開始です(´▽`)タノシミー♪

チートオプションフル活用。
ストーリーだけを追いかけてサクッとクリアしました(´▽`)

17年前にFF9をプレイした時は、キャラクター(特にクジャ)の台詞の気障さと、終盤の超展開に気持ちが付いていかなくて、「ストーリーは確かに面白かったけれど、ファンタジー回帰という割にはSFっぽいのがあんまりだなぁ」と思っていました。

今回は、細かいところは忘れているけれどストーリーの大筋は把握している状態での再プレイだったこともあり、結構気持ちに余裕をもって楽しむことが出来たと思います(´▽`)

操作性は、難ありです。
リメイク版とはいっても、痒い所に手が届くレベルのリメイクではありません。
マップはどこが歩けてどこが歩けないかがとても分かりづらいし、メンバー入れ替えが不便だし、船は空でも海でも容赦なく酔うし、ATBは入力と出力のタイムラグがすさまじいしで、操作性的な部分は昔のゲームだけあって、今を基準にしてみるとかなり辛いレベルです。

でも、その操作性の難点を帳消しにしても良いかなというくらい、ストーリー的に良質なゲームだと思います。
一方そのころ的なActiveTimeEventが効いているし、ダレる展開がほぼ無い。なにより、作品としてのテーマがしっかりと定まっていて、最初から最後までそれぞれのキャラクターの視点からキッチリ貫き通しているところが骨太でイイです(´▽`)

かなり駆け足だったけれど、もう一度やり直して良かったです。
17年という年月によって、当時の私と今の私とではかなりモノの見方が変わっています。
同じシーンを見ても17年前とは全然感想が違うということが多々あって、老いたなぁと愕然とすることもあれば、我ながら丸くなったなぁと苦笑することもあり、それらひとつひとつは確かに小さい事ながら、私にとっては大きな発見でした。

さて、いつも通りダラダラな上にオチもありませんが(・д・)アレレー
FF9はいいぞ(´▽`)!ということで、ダラダラ感想を締めたいと思います。

以下、エントリを立てる程ではないかなーと放置されていたSS集。

衝撃の事実。フライヤさんは21歳(70歳くらいかと思ってた)
FF9_20171011-001.jpg

2周目(というか2回目)だと、ここでグッとくる(TдT)
FF9_20171011-002.jpg

シアトでのレベルアップ時にたまに言う謎台詞。
FF9_20171011-003.jpg

ブリ虫キモカワイイ(´▽`)
FF9_20171011-004.jpg

超絶胸熱(´▽`)
FF9_20171011-005.jpg

振りカエルと奴がいる(´▽`)
FF9_20171011-006.jpg

作品中、唯一違和感ありまくりな台詞。らしくない。
FF9_20171011-007.jpg

良い表情(´▽`)
FF9_20171011-008.jpg

FF9といえばコッカ☆コーラ(´▽`)


二週に一度の新曲追加日(´▽`)デス

ここ1週間、体調絶不調でシアトをサボっていたら、見事に腕の筋肉がダメダメになってしまっていて、基本ですらフルチェイン出来ない状態になっていましたorz

2時間程で熟練まではフルチェイン出来るくらい回復したけれど、究極以上はまたコツコツ通ってカンを取り戻していくしかなさそうです。

衰えない体力が欲しい・・(´◉◞౪◟◉)

古代図書館 (FF5)

どの難易度でも、それほど譜面的に難しくはないと思うのですが、今日はとにかくミスしまくっていたので辛かったですorz
シアトには別に関係ないのですが、この曲を聴いていると何故か眠くなりますzzz

セリスのテーマ (FF6)

こんなに遅い曲だったっけ(´▽`)?と首をかしげながら叩いていました。究極譜面でサラッと内向きスライドが入っているのがオシャレですね(´▽`)

危機 (聖剣伝説2)

超絶14付き。
子午線がアレなので危機だってアレだろうと思ったら案の定、イントロ超小刻み連打譜面でした(´▽`)ムリゲー

イントロの五連打がとにかく付いていけなくて全部ミスるので、今の私には完全に無理ゲー。
中盤のタッチ+スライドごちゃごちゃ帯は、読めるし叩けもするものの、とにかく運指がしっくり来なくて気持ち悪い状態です@w@;

反乱軍のテーマ - arrange - (DFFAC)

第21回ルクスクリスタルバトル報酬曲。

この曲の究極譜面が、今日遊んだ中では一番楽しかったです(´▽`)
前回メドレーに入った時から思っていましたが、超良アレンジですね(・д・)

3周目に入りました(´▽`)

・・・が、いまひとつ、周回する意味が分からずにいます。
周回するたびに曲や絵が増えているのですが、周回する必要性はどこにあるのですかね???

まだまだeasyですら初見フルコンボできないヘッポコですが、音ゲとしてのDeemoはUI的にあまり好みではないということが分かってきました。

  • どの曲がどのBOOKに入っているか覚えていられないので、曲を探すのにとても手間取る
  • 難易度順に並べ替えたりできないので自分のレベルに合った順に遊べない
  • お気に入り機能的なものがない
  • 通常ノーツとスライドノーツが見分けづらい
  • スライドノーツの始点と終点が入り乱れているときに見分けづらい(ただし、これは遅い速度でやっているせいかも)

特にスライドノーツの最後に通常ノーツが入っているときが厄介で、かなりの確率で見落とします@w@;

スライドノーツがタップでも取れる仕様なので、スライドの途中で左右の手を入れ替えてもミスにならないのは良い点ですね(´▽`)

曲は・・・なにしろたくさんあるので、いいな~と思った曲はたくさんあるのですが、どれがどれだかわからない状態です@w@;;;

このままフェードアウトしそうな気がするに3000点・・・。

対バンという新仕様が導入されました(´▽`)

いやーいいですね、対バン!
なにしろ、対バンする5人が揃ったタイミングでライブブーストが消費される仕様になったので、プチプチ切断が無くなりました(´▽`)カイテキー♪

しかも、真面目にやっていない人が一人二人いてもA判定は超えるのがアタリマエになったので、大きなカケラ(だっけ?)が貰えて大変にオイシイです(´▽`)

こういったことが出来る運営さんも、バグが発生しても予定時間内になんとかしてしまう開発さんも、大変に優秀だと思います。

現在無課金で遊んでいるけれど、応援的な意味でいくらか課金しましょうかね・・でも、課金したいものが何もないのですよね@w@;;;;;

ダリの村に到着したところ。

ほとんど忘れてしまったけれど、17年(!?)前にFF9で遊んだ時の記憶としてぼんやり残っているのが「前半がダルい」です。
今回は、ストーリーを追えればそれで良しということで、チートオプションをフル活用して進めていますが、それでもやっぱりダルい@w@;

なんというかこう・・フラグ立て作業感バリバリと言いますか、早く話が進んでくれないかなーとフツフツと湧いてくるものがあると言いますか、それは確かに最初に遊んだ時の気持ちと全く同じでしてつまり現在超絶ダルダル感に襲われています・・orz

まあ、途中から面白くなってくるのは分かっているので安心して進められますけれどね(´▽`)

チートオプションといえば、戦闘時9999ダメ固定だの、速度2倍だの、エンカウント無しだの、雑魚戦闘は全部すっ飛ばせる素敵仕様なのでフル活用して進めています。

もっと時間があればゆっくり進めても良かったのですが、昨今の新作発売ラッシュな情勢的に、のんびりプレイはキビシイのであります。

あ、そうそう、ひとつだけ17年前と変わったことがあって、スタイナーさんに対して若干親近感・・というか「あーそうだよね、大変だよねぇ・・」という仲間意識をもって物語を見るようになっていましたorz

もう歳なのかのぅ・・。