about this blog

このblogは、へっぽこゲーマーdoyonのゲーム日記です。

 

攻略情報は無いし、エンターテイメントを狙ってもいない単なる個人の備忘録なので、読んで面白いものではないと思います。
なので、「つかえネー」とか「面白くネー」という指摘は勘弁してください。

なお、ネタバレ全開で注意書きもしないので、ネタバレが嫌な方は見ないように御注意ください。

いろいろなアイテムが落ちるのに鞄と倉庫のキャパが全然足りていないので拡張したい今日この頃(´▽`)

やってまいりましたセルビナ!
ff1120191117-001.jpg

昔、初めてセルビナにたどり着いたときの感動は今でも覚えています。
砂丘の眩しいほどの白さ。
ゴブとゴブの隙間を必死に走り抜けるスリル。
ラスボスは街の入り口前のゴブトレイン。
で、たどり着いたら、あの軽快なフィドル曲が迎えてくれるわけです(´▽`)サイコー

人で溢れかえっていたセルビナも、今は寂れてしまっています。
一通り見て回ったら、砂丘からラテに入りサンドリアへ。
そのままサンドクエやミッションをこなしてバスへ行くという段階まで来たのですが、ここで一度ジュノに行っておくことにしました。
最初に書いたように、鞄がもういっぱいいっぱいなのです・・orz

ジャグナーで見かけるとついつい手を出してしまう歩く木(´▽`)
ff1120191117-002.jpg

モンク30歳でジュノに到着。
ff1120191117-003.jpg

上の装備はなんとかポイントでもらった、Lv30のなんとか装備。
頭の30装備はサークレットだったので、ここだけは大好きなベレーにしています。

初めてジュノにたどり着いたときは、バタリアはLv20くらいでフルメタルギアしたのですが、今回は30近くあったのでトラ+ゴブを狩りながら歩いていきました。
まあ、途中でうっかりNMのトラに喧嘩を売って、やり直しましたけれどね(´◉◞౪◟◉)

で、鞄クエなのですが・・。
要求アイテムがどれもえげつなくて、オークションの使えないトライアル版ではちょっとクリアが難しそうだということが判明してしまいました。
ジュノに行く前に気付けという話なのですが、そんな計画性が私にあるわけがない(´▽`)

というわけで、ジュノのクエを出来る範囲で片付けたらバスに向かおうと思います。
溢れたアイテムは店売りしてしまおう(´◉◞౪◟◉)モッタイナイ...

ウィンダスのランク2ミッションをクリアし、ランク2に。
とうとう三国ミッションを受ける時期がやってまいりました(´▽`)ヤッタネ

昔はジュノでチョコボをゲットすることに大きな意義があったので、このくらいのタイミングでジュノへ向かった気がするのですが、なにしろ今は移動が楽なので素直にバスとサンドに向かおうと思います。
その前に、今できる範囲のウィンダスクエストをクリアしてしまおうとしたら、雨後の筍的に新クエが発生(´◉◞౪◟◉)
全部きちんとこなそうとすると大変なので、テキトーなタイミングでセルビナに向かいますかね・・。

ストーリーに大きく関わってるぽいアジドマルジド兄貴。
ff1120191113-001.jpg

なんとかポイントで交換してもらったナントカ装備一式。
ff1120191113-002.jpg

フリートライアル版4日目。
サポジョブが付けられるようになったので白/黒にし、ウィンダスのミッションやらクエストやらをこなしていってLv20になりました(´◉◞౪◟◉)ハヤイワー

昨日、サクサクレベル上げしてサクサクミッションを進めるとかそんなようなことを書いた気がするのですが訂正します。
寄り道大好き人間の私にそんなストイックなプレイが出来る筈はなかったのです(´◉◞౪◟◉)ムリゲー
水の近くに行くと手が勝手に /fish するのです。せざるを得ないのです。

クリスタル間テレポや本?のテレポ?が実装されて、一度行ったところなら一瞬で飛べることは知っているのですが、ただフィールドを歩いているのが結構楽しくて、頻繁に /map しながら自分の力で歩いています。

これが結構楽しい(´▽`)

FF11現役だったころはとにかく効率重視だったし(後半の一年は釣りしかしてないですが)、そもそも移動に極端に時間がかかっていました。
PT行動中だと狩場に行くまでに迷うわけにもいかず、他の人に /follow して移動するのが常でした。
だから、釣り場以外のマップをあまり覚えていないのですよね@w@;

今は迷子スキルを最大に発動したところで誰の迷惑になるわけでもないので、景色を楽しみながらのんびり自分のペースで歩けます。
強いて言えばゼノブレイドに近い感覚ですかね(´▽`)
仲間のフェイスは喋ってはくれないので静かだけれど、歩いているだけでかなり楽しいです。

低レベルジョブにチェンジすると釣りができないのがネックではありますが、なんとなく続けられるような気がしてきました。
ヴァナ・ディールの世界が広いということは知っているので、マイペースに冒険出来たらいいな~と思います(´▽`)

ff11201911111-001.jpg

お久しぶりのボギーさんを倒してサポジョブをゲットしました(´▽`)
実はこの時、おなつよゴブにからまれていたのですが、スリプルもなんにもないのに超絶ヨユーで2体捌けました@w@;
装備品は拾ったものをテキトーに装備しているだけだし、昔とは本当にぜんっぜん違うゲームになったのだなぁ・・と思いました。

昔はボギーさんを倒すのはフルPTで挑んでもかなり厳しくて、アイテムをゲットするまでにはたくさんの人に助けてもらったし、助けたりもしました。序盤の山場でしたね。
今にして思えば、セルビナでMMORPG開始直後の一番混乱していて一番祭りな時期を過ごせたのは、本当に運が良かったのでしょうねぇ・・(しみじみ)。

さて。肝心のウィンダスミッションは、やっとこさ一番最初のWM1が完了したところ。
魔法塔?が何個もあるということに気付いていなくて、一所懸命東サルタバルタ南の地下に潜っていました(´◉◞౪◟◉)
どこまでいけるかわからないけれど、続きをがんばろうそうしよう。

そうそう、全然釣りが出来なかったのは、業者対策かなにかでLv20未満はほとんど釣りができない仕様に変更になったからだそうな。
やっと釣れるようにはなったけれど、さすがにのんびり釣りをしている余裕はなさそうなので、釣りや合成は置いておいてレベル上げとミッションに注力したいと思います。

MMORPGから離れて随分たちます。
現在はヘッポコスペックのノートPCしかなくて、FF14などのハイスペック機を要求するようなゲームは出来ません(´◉◞౪◟◉)

正直、今からMMORPGをガンガンやる気力も体力もないわけですが、どこかの世界でソロでまったりしながら世界の喧騒を眺めるということはやってみたいな~と思っています。
オープンワールド系RPGをやればいいじゃない?という話かもしれませんが、NPCの作り出す喧騒とPCのそれとでは、カオス度合が雲泥の差だと思うのですよね。

FF11は、私は2002年のサービス開始二週間後くらいから遊んでいて、2年くらい?で引退しました。
最初から最後までバス国民だったので、他の国のミッションは見たことがありません。
これが少々心残りで、特にウィンダスミッションを見てみたいな~という気持ちがあります。

なにしろ昔のゲームなので、FF14は動かなくてもFF11なら動くんじゃない?という軽い気持ちでフリートライアル版をDL。
導入がやたらとややこしい上に公式さんの案内もほとんどなく(見つけられなかっただけかも?)、ググりまくりながらなんとか開始しました。

以前のキャラは削除したし、プレイオンラインIDも引き継げなかったので、全くの新キャラを作成。
削除した元メインキャラと同じ見た目にしました。
シャントット様と全く同じフェイスタイプなので変えようかとは思ったのですが、どれもしっくりこなかったので元通りに。
サーバーも以前と同じところがまだ残っていたので、そちらにしました。

ツラツラ書くと終わらないので、ざっくり感想を箇条書き

■良いところ

  • 少なくとも序盤の難易度は昔とは完全に別ゲー。命の危険を全く感じない。普通のオフラインRPGレベル。初日数時間のプレイでLv12まで上がった。
  • フェイス(味方NPC)を三体まで呼び出せる上に、序盤からフェイスの種類が多いので、自分のジョブに合わせて呼べる。便利。
  • ウィンダス国内のテレポ移動が便利。UIは微妙。

■びみょーなところ

  • びっくりするほど魚が釣れない。何故???
  • 釣りがアクティブ仕様のままだった。元のまったり釣りが好きだった・・。
  • フェイスのAIがあまり賢くない。私は黒魔なのでモンスターの攻撃は一発ももらいたくないのに、フェイスの戦闘参加が遅いので必ず一発もらう。解せぬ。
  • UIが全般的にダメダメ。古いシステムをそのままに度重なるアップデートで様々な機能を追加してきたらしく、使い勝手が悪い。
  • モグハウスのわけわからんちん度が凄まじい。総合倉庫にするのはそんなに難しかったのか・・・。
  • マップが広すぎて、プレイ時間の八割は移動時間になっている。これは昔から同じ。
  • 過疎りすぎていて喧騒を感じるどころではなかった。

一応フリートライアル版の期限までは頑張ってみようと思っているけれど、多分続けられなさそうです@w@;

以下、てきとーにスクリーンショット。

初期国は本当はバスにしたかったのですが、ミッションを見るなら他の国だよね~ということでウィンダスに。
ff1120191109-001.png

オリジナルシャントット様にもご挨拶。
ff11201911110-001.jpg

フェイスと一緒にダルメル狩り
ff11201911110-002.jpg

全然釣れない・・そもそもアタリがない・・なぜ・・・?????
ff11201911110-003.jpg

眠すぎて頭が回っていないけれど、近況をツラツラ。

コツコツ遊んでいるビートセイバーですが、他の音ゲに比べると、なんとなーく上達が遅い気がします@w@;
原因は、やっぱりPSVRの装着の面倒くささですかね・・(´◉◞౪◟◉)
遊ぼう!と思ってから実際に遊べるまでが長いので、遊ぼう!・・・やっぱメンドクサイからいいやになってしまうことが多々。

それでも難易度ハードがフルコンできるようになったらエキスパートというように小さく目標設定しながら遊んでいたら、最近はエキスパートで遊べる曲が増えてきました(´▽`)
まあ、ほとんどのエキスパート譜面は一発では読めないので練習モードで譜面を大雑把に把握するところから始まるわけで、なかなか叩けるようにはなりません。でも、進歩は進歩です。

左右に逆の色のノーツを配置されている場合も以前よりは対応できるようになってきたし、超集中モードに入っていれば譜面を読んでいる意識なしに叩けたり、やっと練習しているという感覚から音ゲで遊んでいるという感覚になってきたような気がします。

PSVR版最大のデメリットである曲数は、少しずつですがDLCで増えてきています。
それでも全然足りない感がありますけれども、追加されないよりはされたほうが良いです(´▽`)
出来れば、知っている曲が追加されると嬉しいのですが・・。

skylim20191106-001.jpg

デラシネも終わったことだし、何か他のPSVRゲーをやりたいな~ということで調査。
いろいろな人が面白いと絶賛していて、名前だけは聞いたことのあるスカイリム(正式名称:The Elder Scrolls V: Skyrim VR)をやってみることにしました(´▽`)

外国製のオープンワールド系完全ソロRPGということくらいしか調べていないけれど、まあきっとなんとかなるべーとゲーム開始・・しようとしたらいきなり引っかかりました。
いくら頑張ってもタイトル画面から先に進めないのです(´◉◞౪◟◉)ナンデ?
しばーーーーらく唸った後にようやく外国製のソフトということを思い出して解決しました。
要は、日本だとOKが○ボタンでキャンセルが×ボタンだけれど、海外?は逆なのですよね。
先に進めようとして一所懸命○ボタンを押していたという間の抜けたオチでした。

その後も○×ボタンが逆なことに苦しめられながらキャラメイキングを終了し、いざゲーム開始(´▽`)
自キャラは罪人っぽい人たちと一緒に荷馬車に乗せられて移動中・・・と、ここで激しい画面酔いで1回目のプレイを断念。
1分も持ちませんでした(´◉◞౪◟◉)grgrgrgr

完全に酔いが抜けるまで放置し再チャレンジすると、今度は人間の処刑描写。
グロだとは思っていなかったというか流血すごいというか、なんとなく全体的に世界がくすんでいるというか小汚い?すさんだ感じがします。
オープンワールドということでてっきり綺麗な景色を拝みながら遊ぶRPGだと思っていたので、かなり過酷度の高そうな世界観に震えながらうろたえているとドラゴン来襲。
そして二度目のプレイ中断(´◉◞౪◟◉)grgrgrgr

いったい何がわるいのかよくわかりませんが、おっ・・・そろしく画面酔いします。
ビートセイバーやデラシネも画面酔いはしたけれど、初回でも30分は我慢できました。
でも、このスカイリムは数分がやっとというか、ちょっと移動しただけで頭がグルグル胸がムカムカして仕方ありません@w@;

正直、このままでは続けられる気がしないので、対策をググってみようそうしよう・・orz

しました(´▽`)

一日に時間移動二回分くらいずつ進めていたのですが、途中から超展開になってしまい、先が気になって夜も眠れなさそうだったのでガツガツ進めてクリアしてしまいました。
探索途中でハマったり、コイン探しなどで寄り道したりしなければ、多分トータルで6~7時間くらいのボリュームではないかと思います。

このゲームはたまたま見つけて軽い気持ちで始めたけれど、終わってみたら大満足。
最後は感動ではなくて安堵の気持ちでナミダガしていましたね(´▽`)
風ノ旅ビトをクリアしたときも同じような達成感で終えたことを思い出しました。
たまーにこういう自分に合った良ゲーに出会えるからゲームはやめられないのです。

なにをどう書いてもネタバレになってしまうと思うので、もしこれからデラシネをプレイしてみようかな?という方がいらしたら、ここから下は読まずに予備知識ゼロで遊ぶことを全力でお勧めします。
このゲームばかりはネタバレダメ(´◉◞౪◟◉)ゼッタイ!!!!!

以下、ざっくり感想。

■よかった点

  • デラシネ=根無し草のタイトル回収が見事で、ガッテンガッテンガッテン!!!!
  • 音楽(スカボローフェア?)が雰囲気に合っていて超絶すんばらしい
  • フロムというとストーリーが難解というイメージだったけれど、フレイバーテキストをしっかり読むことで大筋は理解できる親切さ
  • ラストの二回目のアレの衝撃。思わず変な声出ましたよ・・ほんと・・

■びみょーだった点

  • 移動がワープで、これが画面酔いの原因だったので、もっとゆっくり移動する移動方法を用意してほしかった
  • 犬のアップがコワイ。ストーリー上、どうしても犬のアップを見なければならないので、犬が苦手だとキッツイ@w@;;;;
  • コイン探し。探したかったけれど、探すと酔うので無理だった。

ソウルシリーズを手掛けたフロム・ソフトウェアのPSVR用アドベンチャー、Déracinéをはじめました(´▽`)
デラシネというのは、フランス語で根無し草という意味だそうです。
それがゲーム内でどういう意味を持つのかはまだわかりませんが・・・。

元々PSVRはビートセイバーを遊ぶために購入したわけですが、せっかくのVRなのでVR機能を生かした別ゲーもやってみたいな~と常々思っていました。
有名どころでは、みんなのゴルフとかエースコンバットとかバイオハザードとかもありますけれども、個人的には興味が無いとか画面酔い不可避とかグロ&ホラー無理とか色々理由があって手を出しづらいところ@w@;
で、PSVRのソフト一覧を片っ端から見て回っていたら、見覚えのある絵を発見。それがデラシネだった、というわけです(´▽`)

deracine20191101-001.jpg

上の絵は、オープニング画面で左上を見上げたところ。
こうやってスクリーンショットを撮ってしまうと全く伝わらないと思いますが、実際は上下左右360度ぐるりと立体的に見ることが出来ます。
実際始めてみたところ、どうやら探索型アドベンチャーのようです。
VRはこういうゲームとの相性が抜群に良さそうですね(´▽`)
昔から脱出ゲームが大好物なので、VR対応シナリオ付き脱出ゲームが出てくれるといいな~と思っています。

PS Move 2本が自分の手となり、現実世界に干渉しながら物語は進んでいくようです。
deracine20191101-002.jpg

気になるところがあったときに頭を傾けてのぞき込もうとすると、かなりリアルに・・というか違和感無く『のぞき込む』という動作をすることができるので、没入感があっていいです(´▽`)
静かで外から切り離された(っぽい?)世界感によって、どういうわけか小川洋子さんの『琥珀のまたたき』を連想させられます。
つまり何が言いたいかというと、ああいった静謐とか儚げとかいった透明感溢れる雰囲気が好きな人にはこのゲームは刺さりそうだなーと思った次第です。

つかみはバッチリ☆なデラシネ。
・・・ただ、ひとつだけ問題が。

超絶、酔う(´◉◞౪◟◉)grgrgrgrgrgrgrgr

もういつものことなので、やすみやすみ頑張ることにしましょう・・orz

二週間ぶりのシアト。
ひっさしぶりの新曲に触れてきました(´▽`)

■ビビのテーマ (FF9)

どこかトボけた感じのFMS。
今日は頭が回っていなかったのか、サボりすぎて腕が落ちたのか、究極はフルチェインすら出来ませんでした(´◉◞౪◟◉)アレレ
やっぱりもう少しマメに通わないとダメですかねぇ・・。

■第39回課題曲ランキング

毎度おなじみ課題曲ランキング。
今回のお題はFF4バトル2超絶(´▽`)デス
FF4の超絶譜面はどれも譜面が読みやすくて素直で大好きなのですが、どうにも16分連打が苦手でミスりまくり。
自己ベストを超えられていないので、出来れば期間中にもう一回くらいチャレンジしたいです。