about this blog

このblogは、へっぽこゲーマーdoyonのゲーム日記です。

 

攻略情報は無いし、エンターテイメントを狙ってもいない単なる個人の備忘録なので、読んで面白いものではないと思います。
なので、「つかえネー」とか「面白くネー」という指摘は勘弁してください。

なお、ネタバレ全開で注意書きもしないので、ネタバレが嫌な方は見ないように御注意ください。

4章をクリアしたところまで。

前回日記を書いたところから、メインストーリー的には全く進んでいません(´▽`)
サブクエストをせっせと消化しまくって、その過程で原野と森をウロウロさまよいまくっています。

ゼノブレイドでは、メインストーリーを進める → その時点で受けられるサブクエストを無理のない範囲でクリアする、という繰り返しで、ちょうどいい感じにレベルが上がっていきました。
なので、ゼノブレクロスでもそのやり方でやろうと思っていたのですが、コレクションアイテムが集まらなすぎて時間ばかりが過ぎていきます。

そういう意味で、とてもとても時間喰いゲーというか、時間泥棒ゲーです。
でも、なにしろ景色が雄大もいいところなので、不思議と飽きないのですよね~@w@♪

ダクソ3のDLC第二弾が来週発売ということをすっかり忘れていてヤッテモータ(´▽`)状態な今日この頃ですが、もう開き直ってこのままゼノブレクロスを進めてしまおうと思います(´▽`)ウヒヒ

4章をクリアしたところまで。

■本編もクエストだった

組織に所属してクエストを受けることで物事を解決していくというお仕事ゲーなので、クエストの数が多いのは当たり前なのですが、なんと本編のストーリーも完全にクエスト仕立てでした@w@;

本編くらいはクエストという仕組みを意識しないように進行させてほしかったですねぇ・・。

本編クエストを受けることのできる条件も、単にレベルだけではなくて複数条件が決まっていて、かつ明示されています。
フラグが物凄く分かりやすいのはありがたいのですが、作業感がハンパないです@w@w@w@w@;;

■仕事仲間

仕事ゲーなので、パーティメンバは仕事仲間です。
ゼノブレイドの時は、運命共同体というか、後半になるとほとんど家族的なアットホームさがありましたが、ゼノブレクロスは今のところ個人的なやりとりがほとんどありません。

キズナクエ・・じゃなかった、なんだっけ?エルマさんや13歳ちゃん(名前・・)がいるときに受けられるクエなどもあって、キャラの掘り下げが無いわけではないのですが、戦闘中の掛け声などが事務的で、まったくテンションが上がりません・・orz

■戦闘の仕様が分からない

今Lv18くらいですが、いまだに戦闘の仕様がわかりません(´▽`)ダメジャン

ゼノブレと大体同じような感じかな?とは思いますが、崩しとか転倒などの説明が一切無いまま4章まで来ています。
ゼノブレの時は、最初の崩しが必要なボス戦で解説が入ったのですが、どうもクロスは説明する気がさらさらないような気がしますねぇ・・@w@;

なんとなーくテキトーにアーツをポチポチと発動させていてもなんとかなりはするので、困ったら取扱説明書を読もう(´▽`)ソウシヨウ

■ナビボール様様(´▽`)

タツ君からもらったナビボール。
これがなかったら、多分序盤の序盤で詰んでいたに違いありません(´▽`)

ゼノブレイドの時もあれば助かったのに・・!と思わずにいられないアイテムですが、便利すぎて道を覚えられていないという弊害もあるような気はしています。

出来れば、クエストで集めなければならないコレクションアイテムの場所も教えて欲しかったですねぇ(´▽`)

3章をクリアしたところまで。

ある程度覚悟はしていたのですが、かーなーり微妙感が漂うというか、積んでしまいそうなヨカンがヒシヒシとする危機感がヤバイです(´▽`)アチャー

■画面に表示される情報量が多すぎる

先日、字が小さいと書きましたが、それ以前に画面に一度に表示される情報量が多すぎて???状態が続いています。
しかも、表示されているものが何であるかを直感的に判断できないのが痛いです。

字が小さい問題については、WiiUのゲームパッドを使ってプレイすれば解決するんじゃない(´▽`)?ということで試してみたのですが、さらに字が潰れて読めなくなってしまってあきらめました。

■マップが広すぎる

これはゼノブレイドの序盤でも同じことを言っていて、ゼノブレイドでは途中から慣れたので、ゼノブレクロスもそのうち慣れるかもしれません(´▽`)

でも、現段階でかなりマップの広さにクラクラきていて、コロニー・・じゃなかった、なんだっけ、本拠地?居住区?の上からうっかり海に落ちてしまったときは、元の場所に戻るまでたっぷり30分くらいかかりました@w@;

マップが広い分、NPCの数もかなり多いので、キズナグラムが楽しみではありますけどね(´▽`)

■テンポが悪い

ちょっと進むとロード→棒立ちムービー→クエスト受注、という流れの繰り返しで、とてもとてもテンポが悪いです。
WiiUの仕様的な問題だとは思うのですが、毎回毎回ロードが入るのが地味にストレスです@w@;

■BGMが微妙に好みではない

居住区(だっけ?)の曲が妙にうるさかったり、イベントで歌付きの曲が流れていてそちらに意識をガッツリ持って行かれたりで、ゲーム音楽としては目立ちすぎではないかなと思います。

曲自体は全く悪くないと思うし、どちらかといえば好みですが、使っている場所が悪いというか・・。

■景色はキレイ

ノポン族がいるので、どうやらゼノブレイドと同じ星?らしいのですが、ゼノブレとは全く違う風景で、とても綺麗で歩いていて楽しいです。

まだ3D酔いでgrgrしているので長時間は遊べませんが、慣れてきたらひたすら散歩してみたいですね~(´▽`)

モンハンXXが解禁されて、猫も杓子も一狩り行こうぜ☆している今日この頃ですが、わたくしめはゼノブレイドクロスを開始しました(・д・)

別に天邪鬼でクロス違いのゼノブレクロスに手を出したわけではありません@w@;

以前からゼノブレクロスをやらなきゃ(´▽`)とは思っていたのですが、他にやりたいことがたくさんあるし、そもそもゼノブレクロスの評判があまり良くないらしいしですっかり後回し状態に。

ところが、先日ニンテンドースイッチが発売となり、ハードの世代交代の時期になってしまいました。

おまけに、スイッチでゼノブレイド2が絶賛開発中ということで、これ以上放置は出来ないということでようやくポチりました。

歩くネタバレ魔人の相方によれば、「ゼノブレイドの後継ゲームと思ってやると期待外れ。これ単体で見ればなんとか?」というのがゼノブレイドクロスの大体の評価のようです。

で、さっそく始めましたが、とにもかくにも字が小さい(´▽`)
なんですかね、素直に老眼鏡を使えという事かもしれませんが、いくらなんでも小さすぎて読めません。

眼鏡をかけて画面の前のベストの位置で目を凝らせばギリギリなんとかなるけれど、眼精疲労待ったなしです。
ただでさえ毎日頭痛に悩まされているのにこれは辛すぎる(´▽`)(´▽`)(´▽`)

慣れてしまえばなんとかなるかもしれないので、ちょこちょこと頑張ろうと思います。

いつもの新曲追加日(´▽`)と思ったら、曲数多め+超絶難易度15解禁という、うはwおkw的な(古い・・)アプデでした(´▽`)

■FF6-10ラスボスメドレー

多分、既存のラスボス曲をつぎはぎしたメドレー?
究極譜面はごくごく普通の難易度でした(´▽`)

■エアリスのテーマ (FF7)

TFFCCもそうでしたが、BMSで来ましたね@w@;
TFFCCはバーサスで使えるという意味でBMSで嬉しかったのですが、個人的にはこの曲はFMSで来て欲しかったです。
もちろん、ゲーム内で使われているイベントを考えればBMSで間違いではないのですが、ホールドウネウネしたかった・・(´▽`)

■シーモアバトル TFFACアレンジ

TFFAC初の難易度15譜面ということで、見事に爆発してまいりました(´▽`)

初見Cで笑うしかないという感じだったし、譜面も上下に分散されているところが読めていない状態ですが、不思議なことに初めてラファエロ戦に手を出した時のような無理ゲー感はありませんでした。

多分、譜面を理解さえしてしまえれば、あとは手が動くか動かないかの問題な気がするんですよね(´▽`)
忙しいところにダブルスライドが無かったので、頑張ればなんとかなる気がするようなダメなような(´◉◞౪◟◉)イヒ

■滅びし煌めきの都市 (聖剣伝説 レジェンドオブマナ)

シーモア超絶で脳が沸騰したせいかどんな譜面だったか忘れました(´▽`)ダメダコリャ
でも多分、TFFCCの譜面と大差なかったはず・・。たぶん・・。

■戦―白の兵器 (FF零式)

第六回ルクスクリスタルバトル報酬曲(´▽`)
どういうわけか物凄く叩きづらく、フルチェインしているのに930万点台というスコアが出ました・・orz
次回以降の課題曲になりそうです。

■第七回ルクスクリスタルバトル

ホーリー vs メテオだそうで・・(・д・)ヘーヘーヘー
いつも通り青チームにしておきました(´▽`)

今回は、報酬が子午線の祀り、しかも難易度低め13の超絶付きということでとてもとても楽しみにしています(´▽`)

■目標進捗

超絶:全譜面SSS

進捗率・・何%くらいなんですかねぇ・・(´▽`)?
多分、30~40%くらいなんじゃないかなーと思います。
プレイヤーズサイトの楽曲スコアがとてもとても使いづらく、とてもじゃないけれど手作業で数える気になりません。
でも進捗度が数字で分かっているとやる気がでるかもしれないので、今度ゲームの難易度一覧で数えてみよう(´▽`)

究極:全譜面王冠付け

こちらも進捗率不明。
多分、40~50%くらい??
曲数の少ない超絶はともかく、究極は100曲を超えていて数える気も(以下略)。

特定の場所が苦手で必ずグレる譜面が何個かあるので、時間がかかりそうな気がしています@w@;

基本:全譜面ぼっちペアスタイルでフルチェイン

ぼっちペアスタイルで基本全曲フルチェインを目標にしていたのですが、なんとペアスタイルはBMSにしか無いのだそうです@w@;
というわけで、目標を「基本:BMS全譜面ぼっちペアスタイルでフルチェイン」に変更(´▽`)

一回行くたびに1~2クレ分をぼっちペアスタイルの練習に充てていますが、単なる脳トレ状態で、右手と左手の矯正という意味では基本譜面は物足りない感じです。

とはいうものの、結構どうでもいいところですっぽ抜けてミスしまくっていたり、同時スライドの入力する手を固定されるのが意外に難しかったりで、基本からコツコツやるのも悪くはないな~(´▽`)と思います。

FF1から順番にやっていって今FF7なので、こちらの目標は割と楽に達成できそうです。


超絶譜面の個人的無理ゲーパターン。それが連打(´▽`)

連打の少ない譜面は割とあっさりフルチェイン出来ることもあるけれど、手の追い付かない連打は物理的に無ー理ー^-^-^-^-^

ただ、未来永劫絶対に出来ないとは思っていません。
鍵盤楽器を習っていたことのある方なら分かる感覚だと思うのですが、例えば・・・なめらかなトリルとか何それ無理ゲー(´▽`)と思っていたのに、地道に練習していったらブレイクスルーがきて出来るようになった!って事ありますよね(´▽`)?

そういう日がいつか来るかもしれないと夢見て、諦めはせずにたまに思い出しては練習しています。
(まあ、その前にサービス終了しそうな気が・・げふんげh)

ただ、困ったことに、TFFACのボタンの連打は親指にかなり変な負荷がかかるらしく、ほんの数回プレイしただけで軽い腱鞘炎のような状態になってしまうのが悩みどころ@w@;;

そこで、いつもは下のようなホームポジションでプレイしているのですが、今日は親指ではなくて人差し指と中指の二本で押してみることにしました。

親指と人差し指の二本でもいけそうではあったのですが、どうも親指が入っていない方が連打しやすそうだったんですよね(´▽`)ナンデダロウ??

tffac20170310-001.png

当然ホームポジションが大きく崩れてしまうので、連打の直後にスライドが入っている譜面には向きません。
でも、親指で連打するよりも若干速く叩けるし、指へのダメージも抑えられる感じでした(´▽`)

何より嬉しかったのは、マンボ de チョコボの高速連打を捌けるようになってきたことですかね~(´▽`)
まだまだ安定はしませんが、慣れてしまえばSSSなら取れるんじゃない?というところまでスコアを押し上げることが出来ました。

本当はホームポジションでやりたいところですが、とりあえずはこれでやっていきたいと思います。

あ、でも、ひとつだけ問題があって、指二本で連打するとかなりカチャカチャとうるさいんですよね@w@;;
私の行くゲーセンはどこもディシディアの隣にシアトがあるので、ディシディア勢さんに迷惑にならないかが気になるところです。

超絶連打譜面はなるべく他に人がいないときにやろうそうしよう・・(´▽`)
できれば、シアトは音ゲコーナーに置いてほしいのですけれどね(≡д≡)

ここまでの日記が一周目クリア、二周目クリアと表記していたので便宜上「三~五周目クリア」と書きましたが、CDEエンドでクリアしました(・д・)

一気にだだだーっと三種類のエンドを見て頭が混乱しているので、思いつくままにツラツラと書こうそうしよう(通常運転)。

■Eエンドのスタッフロール

い く ら な ん で も な っ っ っっっ・・が い わ (´▽`;)ムリゲー

今まで結構いろいろなゲームで遊んできましたが、二度と見たくないスタッフロール俺的第一位に輝きました \(´▽`)/オメデトーーー!!!!!

■ストーリーが理解できなかった

えーとすみません、正規のエンディングを5個も見ておいてアレなんですが、結局どういう終わり方してるのかさっぱりわかりませんでしたああああああ(´▽`)(´▽`)(´▽`)!!!!!

特にEエンドの最後は結局どういうことなの???というか、2Bさんって9S君と初対面じゃなかったの???という超基本的なところから分からなくなり、多分最初からやり直しても分からないだろうから設定資料集を買うかネタバレサイト巡りをするしかないかなぁ・・という諦めの気持ちでいっぱいです。

ただ、単純に終わってみて思うのは、ニーア レプリカントのあの終わり方を経験しているからだと思うのですが、「ああやっぱりそうなるよねー」と、全然心にダメージが入らなかったことですね@w@;

むしろ、もっともっと酷いオチでも驚かないというか、号泣しまくってエンディングを迎えるんだろうとボンヤリ思っていたので、あっけなく終わってしまってポカーン(・д・)という気持ちの方が強いです。いやぁ・・慣れって本当に怖いですね^-^-^-^-^

■アンドロイドと機械生命体の血(体液?)

もしかすると、私が間違っているのかもしれないのですが、アンドロイド=機械です?よね?
なにしろ、タイトルからしてオートマタなので、ずっとそう思っていたのですが、どうもアンドロイド達は手足はともかく胴体部を切ると血らしき赤い液体が出るのですよねぇ・・(≡д≡)

で、機械生命体も個体によっては血が出ます。

これって、どうしてなんですかね???
血をドバドバさせる意味なんて、残虐な行為をしているという演出上の必要性以外思いつけなかったので、血にしか見えない液体をプシャーッ!させたのはどうしてなんだろうと単純に疑問に思いました。

剣を刺したら電気がバチバチいうくらいの表現の方がリアリティがあったんじゃないかなーと。
まあ、その程度の疑問なので深い意味はないです(´▽`)

あ、でも、私は例のアレでもがき苦しむ彼の姿を直視するのがかなり辛かったです@w@;
声優さんの演技が変な方向に素晴らしすぎて、夢に出てきそうなすっさまじい断末魔だったんですよねぇ・・orz

■コンプ要素

歩くネタバレ魔人の相方曰く、エンディングの数はアルファベットの種類と同じくらいあるだとか、剣を全種類集めて強化するとウンタラカンタラとか、やろうと思えばサブクエストは全種類回収可能とか、いろいろとあるようなのですが、私はここまででお腹いっぱいかなーという感じです(´▽`)

エミール君のアレだけは見てみたいので、相方のプレイを横から応援しようと思っています(´◉◞౪◟◉)イヒヒ

■前作との関係

前作ニーアレプリカントに関係しているけれど、一応未プレイでも大丈夫という感じで、前作をプレイ済の方が明らかにゲームを深く理解出来る感じでした。

もしこのニーアオートマタをこれからプレイしてみようかな?という方がいらしたら、先にレプリカントをプレイすることを個人的には激しくオススメしますね~(´▽`)

前作のキャラが出てきたりして嬉しくはあったのですが、完全新作にした方がストーリー上の制約が無くて良かったのではないかなーとチラッと思いました。

■アクション

私には難しすぎた@w@;の一言です。
アクションが苦手ならフルオートモードでやればいいじゃない(´▽`)という超安心☆仕様なので無問題ですが(´▽`)

そうそう、フルオートといえば、私は結局最後まで難易度イージーでやっていました。

一応二周目からはノーマルでやってみようとしたのですが、最初のチュートリアルで30回以上は確実に死亡したので、これは向いていないなーと匙を投げてしまいました@w@;

これをハード以上で遊べる人の頭の中を覗いてみたいものです(´▽`)
私は一応、ニーアレプリカントを普通にクリアする程度の腕はあるのですが、オートマタの弾幕は目で見て避けられる気がしませんでした。

■まとめ

・・とりあえずこれくらいかな(´▽`)?

2Bさんも9S君もA2さんもいいキャラではあったのですが、ハマるところまではいかなくて、誰か一人にでも感情移入出来たらもっと楽しめた気がします。

私個人的に、アンドロイドは人間ではないというところが最初から最後までずっと引っかかっていて、2Bさんたちアンドロイドがやたらと人間臭かったことと、その理由が最後まで開示されなかった(多分)あたりが、感情移入できなかった一番の原因だった気がします。

もし、そのあたりに納得できる理由がついていてくれれば、きっと9S君エンドでは号泣していた気がするんですよね・・(≡д≡)

そういった違和感からゲームの世界観に没頭できなかったのが非常に悔しいなぁ・・というのがA-Eエンドをクリアした上の感想です。

ネタバレ防止という意味ではなく、日記を書くと愚痴しか出てきそうになかったので、一周目クリアの後は何も書かないでいたニーアオートマタです(´▽`)

というわけで二周目をクリアしました。

歩くネタバレ魔人の相方曰く、「このゲームは最低三周」だそうでして、二周目クリアで判断してはイカンのです。
イカンのですけれども・・。

私より先に進んでいる相方の画面をチラチラと横見する限りでは、三周目は純粋な意味での三周目ではないのですよね(≡д≡)
それなら、一・二周目の終わりを「クリア」と表現して欲しくなかったなーと思います。
スクウェア・エニックス宣伝部さんは、一周目の終わりで二周目以降のことを「新たなエピソード」と謳っていますが、一・二周目クリア時点では用意したシナリオを一通り語り終わってすらいない状態なのですから。

まあ、そんなわけで、ここからが本当のダークソウル・・じゃなかった、ここからが本当のニーアオートマタだ(・д・)のようです。

二周目は本当に作業感が強くて、微妙に新要素はあったものの、ずっと「これを二周目でやる意義ってどこにあるんだろう?」と疑問符ばかりが頭にグルグルしていました。

一応三周目を見て、微妙に意義はあったらしいと理解したのですが、これって、一周目と二周目は上手くやればひとつにまとめられますよねぇ・・(≡д≡)?
9S君でなければ開けられない宝箱なんて、一周目で見つけても二周目ではもう忘れていて取りこぼしがたくさんあるはずだし、かといって場所を記録しておける機能があるわけでもないしで、トリアタマとしてはやり残しだらけです。

あれ?やっぱりぐだぐだ愚痴を書いてる@w@;?

個人的には不満たらたらの二周目でありました。
三周目で物語が大きく動くようなので、それに期待しています。

いつもの新曲追加日(´▽`)・・だったのですが、いろいろと新要素がたくさんでした@w@;;

■Blue Fields(FF8)

のんびりまったりFMS(´▽`)
確かに一度は遊んだはずなのですが、本日追加の超絶二譜面でゼーゼーハーハー息切れしていたので、どんな譜面だったか全く覚えていません@w@;;
でも、大体TFFCCと似たような譜面だったよーなそうでないよーな・・。

■Maybe I'm a Lion(FF8)

究極譜面が、とてもとても叩きづらかったです・・orz
もしかすると譜面を読み間違えているのかもしれませんが、とにかく全然リズムに乗れなくて苦労しました。

超絶譜面は、前半は大丈夫なのですが、後半で全然手が追い付かなくて撃沈します(´▽`)ダメダコリャ
途中までは「お?もしかして初見フルチェインいけちゃう(´▽`)?」とかヨユーかましてたのに、後半でグ☆ゲ★ゴ☆ガ★ギ☆ガ★ゴ☆ゲ(´◉◞౪◟◉)ムリゲー状態になりました^-^-^-^-^
両手スライドとタッチトリガーの高速部分が実に鬼畜ですねぇ・・。
そもそも手が追い付かないだけでなく、ラストあたりの譜面が読めてすらいないので、SSは練習すればいけるだろうけれど、SSSは当分無理じゃないかなーという感触でした。
ところで、ライオン超絶は難易度13だそうですが、難易度詐称譜面な気がします。難易度15とは言わないけれど、14はあるような(´▽`)?
でも、私が手が忙しい譜面が苦手だから難しく感じるだけかもしれません・・・orz

■決戦(FF5)

第五回ルクスクリスタルバトルの報酬曲(´▽`)

事前に超絶は超体力譜面かと思っていたら、意外にそれほど早くはなくてギリギリなんとかなる感じでした。
こちらはライオンと違って頑張ればフルチェイン出来そうな感触だったので、次回以降詰めていきたいですね(´▽`)

■第六回ルクスクリスタルバトル

スコールvsエースの学生主人公対決だそうで(・д・)ヘーヘーヘー
いつも通り青チームにしておきました(´▽`)

■プレイボーナス

連続プレイするといろいろボーナスが付くという、プレイボーナス機能なるものが追加されました。

毎度ぶった切りまくってアレなんですが、純粋なプレイ時間の割合をこれ以上減らさないで下さいとお願いしたいです。ホントに。

もしかするとゲーセンのゲームというのはそういうものなのかもしれませんが、あまりにもゴチャゴチャとした画面遷移が多すぎだと感じます。

最初に追加されたのはインフォメーション画面だったと思います。そこからルクスクリスタルバトル、プレイ後画面の機能追加(表示時間も伸びてる)と増えてきて、ここでさらにプレイボーナス画面。しかも全部飛ばすことが出来ない画面ときています。

時間が有り余っている人ならともかく、時間を捻出してゲーセンへ行っている身としては、限られた時間の中で1プレイでも多く「譜面を叩いて」遊びたいのです。でも、どんどんおまけの時間が伸びていくのが現状です。

効率厨なのは自覚してます。
が、いろいろな機能を追加されるよりは、曲をガンガン増やして(+出来ればバグも潰して)もらった方が私個人としてはありがたいです。

■プレミアムメンバー機能無料開放

月額300円かかっていたプレイヤーズサイトのプレミアム機能が無料開放されるそうです。

・・ということは、想定していたより登録数が伸びなかったということですかね(´▽`)?

プレイボーナスとプレミアムメンバー機能解放で、今現在シアトでたまにチョコチョコと遊んでいるくらいのライト層にもっと遊んでもらおうという狙いなのかな?と推測。

なんにせよ、出来るだけ長くシアトACが続いてくれるといいなーと思います(´▽`)


スタッフロールが流れてきて、こんなに呆然としたゲームは久しぶりかもしれないニーアオートマタです(´▽`)

「え? 終わり? ほんとに? え? え? え?」状態でした。

プレイ時間は、かなり寄り道したにもかかわらず17時間強。
もしかすると、クエストをやらないでサクサク進めたら10時間切るんじゃないですかね@w@;

もちろん、ゲームの総プレイ時間が満足度に比例するわけではありません。
ただ、一周目に限っていえば、ニーアレプリカントの時と全く同じ感想しか出てきません。

つまり。

すみません、ぜんっぜんストーリー理解でっきませんでしたあああああああああ(´▽`)(´▽`)(´▽`)(´▽`)!!!!!!!

本当にもう、説明する気あるの?ないよね?うん、なさそう。ニーアだもんね(´▽`)!うん、知ってた(´▽`)!!!! 的な意味不明さでした。

ただ、レプリカントの時と大きく違ったのは、スタッフロールの後に「このゲームは周回前提だよ(´▽`) 二周目も楽しんでね(´▽`)」的なメッセージが表示されたことです。

クリア後の余韻(意味不明すぎて呆然としていたとしても)に浸っているところに製作者のメッセージを表示すること自体への好き嫌いはあるかとは思いますが、やはり、レプリカントの時に周回プレイ前提ということを知らなくてポカーン(・д・)とした人間から言わせてもらえれば、GJ!!!!と言わざるを得ません(´▽`)

とりあえず、一周目終了時点の感想をツラツラ書いておきます。

■音楽

やっぱりニーアの音楽はいいですね~(´▽`)

レプリカントの時は、ボーカルに透明感があって、全体的に音楽に似通った感があったのですが、今作ではもっと音がキッパリしていてオオッ(´▽`)!となること多々でした。

■アンドロイド

一周目ではストーリーがわけわからんちん(´▽`)でしたが、どうにも「アンドロイド」が人間に近すぎて変な感じがしました。
人間に近いというか、人間臭すぎるんですよね。どうしてアンドロイドという設定にしたんだろう(≡д≡)?

最初は生身の人間が全く出てこないから、実は2B達が人間でしたー(´▽`)というオチなのかと思っていたら、そういうわけではないということが序盤で判明してしまい、最後までそのあたりの疑問をひきずりながらのプレイでした。

二周目でキレイに説明がついたら拍手喝采ものですね(´▽`)

■イベント

クエストではなくて、本編のイベント的に、刺さるものがなかったなーと思います。

どうしてもレプリカントと比べてしまうのですが(・・・)、レプリカントではメインの登場人物ひとりひとりにストーリーがあって、特に王様周りのイベントは一周目からグッサグッサと心を抉りにきていました。

でも、少なくとも一周目に関しては、そういうイベントが皆無だったのですよね・・orz
一応2Bさんと9S君の間のアレコレが微妙にそのあたりに該当しそうではあるのですが、なにしろアンドロイドなので「どうせ巻き戻ってやり直せるんでしょう?」と冷めた目で見てしまっていました。

■戦闘

チュートリアルをノーマルでやっていて、死亡で巻き戻ったのがめんどくさくて、結局最後までイージーでやっていました。

んが、なんとイージーモードだと突っ立っているだけで全攻撃・回避してしまうという素敵仕様だったらしく、戦闘は全く楽しめませんでした。

それでも、トータルで5回くらいは死亡してますけどね(´◉◞౪◟◉)

二周目以降はノーマルでやろうかなーと思っていますが、どうも最後の方の無茶振り弾幕を見る限りでは、R2回避が肝っぽい感触だったので、イージーでもいいかもしれないと思っています。

弾幕は、潰したりすり抜けたり飛び越えたりするのが楽しいと思っているので、密度が濃すぎる弾幕をタイミングを合わせてボタンひとつで回避するというのは、ちょっと私には向いていなさそうです。

・・とりあえずはこれくらいかな(´▽`)?
多分、二周目終了時はガラッと言う事変わってるんじゃないか・・というか変わっていたい!と期待しつつ二周目に突入したいと思います(´▽`)