about this blog

このblogは、へっぽこゲーマーdoyonのゲーム日記です。

 

攻略情報は無いし、エンターテイメントを狙ってもいない単なる個人の備忘録なので、読んで面白いものではないと思います。
なので、「つかえネー」とか「面白くネー」という指摘は勘弁してください。

なお、ネタバレ全開で注意書きもしないので、ネタバレが嫌な方は見ないように御注意ください。

二週に一度の新曲追加日(´▽`)デス

最近、全然ゲーセンに行ける状態ではなく、二週間ぶりにシアトってきました。
目が全然トリガーを追えなくなってしまっていて辛かったけれど、やっぱりシアトは楽しいですね~(´▽`)

そうそう、最近発売されたオクトパストラベラーのバトル曲がどれも物凄くシアト向き(譜面が作りやすそうという意味)なので、来てくれるとむせび泣いて喜びます。主に私が。

赤い翼 -シアトリズムFFAC Arrange-

超絶15譜面がサラッと追加されました(´◉◞౪◟◉)
もう究極譜面の時点で繋げるので精一杯。
超絶譜面の後半はほとんど読めないし、ラストのタッチ+スライド連打はどういう運指にしたらいいのかすら見当もつきません。
しばらくは放置ですかねぇ・・orz

■トロイア国 (FF4)

今回唯一のまったり癒し曲(´▽`)
頑張ればフルクリできそうな感触だったので、そのうち詰めたいです。

魔王決戦 (クロノ・トリガー)

あまり迷わなかったので、多分TFFCCと似たような譜面だったのかも?

FINAL FANTASY TACTICS メドレー

これもフルクリ出来そうで出来なかったのが残念。
FFTの曲は謎の空間的透明感があっていいです(´▽`)

■超絶譜面追加

  • 魔導士の塔 (FF2)
    連打練習譜面。ラストの片手ホールド+片手強制連打が辛かった@w@;
    以前はこういう単調な連打がくると即壊滅状態だったのですが、意外に叩けるようになってきた気がします。
    少しは上達しているのかも(´▽`)
  • バトル2 (FF5)
    中盤の運指に迷った結果、変な癖がついてミス連発状態になってしまったので今日は諦めました・・orz
    次回以降リベンジ・・・できるといいなぁ・・。
  • 決戦!サルーイン (ロマサガ)
    前半はいいのですが、どうも後半が苦手@w@;
    曲は大好きなので、もう少し頑張りたい(´▽`)デス

Feldschlacht III (サガフロ2)

第41回ルクスクリスタルバトル報酬曲。
この曲(読めない)
が追加されることをすっかり忘れていました(´◉◞౪◟◉)

ドラム?から取っているトリガーの取捨選択基準が良く分からなくて、細かい連打のリズムに乗れず、終始目押し状態なのが辛かったです。
曲を覚えたらもう少し伸ばせる・・・かも?

やっと8人が揃い、ドーナツ状の初期エリアの外に出る時がやってまいりました(´▽`)

まずは推奨レベルの一番低い踊り子さんの第二章を進めようと北上していたら、間違えて盗賊さんの第二章の街に到着。解せぬ。
その途中で学者のサブジョブをゲットしました。

このゲーム、物理攻撃力や魔法攻撃力等のステータスが装備で上下するので、サブジョブは少なくとも攻撃方法(物理or魔法)が同じ傾向のものにしないと実用的ではないよね?と思っていたら、サブジョブ用とおぼしき装備品がチラホラと出てきていて、なるほどなーとなっています。

第二章に入る前に、集められるだけサブジョブを確保した方が良さそう。
面倒ですが、各地を回ってみましょうかねぇ・・orz

せっせと進めて、やっと最後の一人、オルベリク?オルベルク?な剣士さんの街まで到着したところで今日は力尽きました(´▽`)

で。
どーしても気になって仕方ないのですが。

この8人は、どうして一緒に旅をすることになっているのですかね(´▽`)?

最初の出会いで助けが必要だということで、それを助けるまでは良いのです。
助けた結果、問題が解決したね。良かったね。
・・となったら、次はどうなるでしょう?
じゃあ、さよなら。お互いの旅の無事を祈って。
・・ということになりませんか?

一体全体どんな理由があって、旅の目的地も方角も緊急度もそれぞれ違う人たちがパーティーを組んでいるのかがさっぱり理解できません。
8人の中では今のところ狩人さんの緊急度が一番高そうですが、現状放置ですしね(´▽`)

そんな細かいところに引っかかってないで素直にそれぞれのストーリーを楽しめれば幸せなのだろうと、自分でも思うのです。
でも、めちゃくちゃ引っかかって仕方ない(´◉◞౪◟◉)

多分、ここまで説明不足なのは製作者サイドが意図的にやっていることなのだろうとは思うし、グラフィックがドット絵である時点で「プレイヤーに想像力をはたらかせてもらいたい」という狙いがあるのだと思います。多分。

つまりは、いくらなんでも説明不足に過ぎると、私は思います。
ここでゲームを投げ出すほどのマイナス点ではないけれど、こういうストーリーへの没頭を妨げる要素はもっと少なくしてほしかったです。

ot20180713-001.jpg

鳴り物入り・・・というには語弊がありますが、やたらと前評判の高かったオクトパストラベラー本編を開始しました(´▽`)

体験版でサイラス→トレサ編一章までやったので、その続きから。
本当はそのまま南下して騎士?のオ・・なんとかさんを仲間にしようかと思っていたのですが、一旦戻って北の白魔導士っぽいオフィーリアさんのところへ。
このゲーム、回復役不在だとボス戦のバランスがキツイと思ったのです(´◉◞౪◟◉)ムリゲー

で、無事にオフィーリア→ハンイット編一章をクリアしたところで本日は終了。

一応ストーリーに大きな不満点はないので続けられそうではあるのですが、戦闘がダルイのでFF12のガンビットの強化版のようなものが欲しかったな~と思います。
結局のところ、「こういう条件ならこの手順で動く」というのが頭の中にあるので、それに従ってコマンド入力するだけになってしまうのですよね・・orz
いや、別にこのゲームに限った話ではなく、コマンド制RPG全般がそうなのですが。

もちろん、手順を工夫して短時間で倒すとか、HP/MP/アイテム消費を抑えて倒すとか、つまりは戦闘に自分なりの工夫をこらして倒すというところに楽しさを感じられたらそれが最良だとは思うのですが、残念ながら私の興味はあまりそういうところには向かないようです。無念。

盗賊のテリオンさんで始めた家族は、セーブ&ロードを駆使して町の人からアイテムを盗みまくり、旅の序盤を超有利に進めているので、私も次は彼を迎えに行かなければ(´◉◞౪◟◉)ウヒヒ

e3を全問クリアしました(´▽`)

e3からメガピクロスが追加。
メガピクロスは普通のピクロスより条件がややこしくなるので、結構好きです(´▽`)

ただ、全体的にe2までの「出来上がった絵の分かりやすさ」は薄れてきたかな~という感じですね・・orz
白黒だともう何の絵だかわからないので、ノノグラム的楽しさの一角は削がれてしまっていると思いました。

それでもわたしはピクロスを続けるよ(´▽`) ←元ネタなんだっけ・・?
ということで、e4にとりかかろうそうしよう。

二週に一度の新曲追加日にはゲーセンに行けず、今日行ってきました(´▽`)

しかし、超絶寝不足状態だったので全然頭が回っておらず、おまけに基本譜面ですらボタンを押したつもりが押せていないというミス連発。
これはイカンと悟ったので、一通りサラッと触って今日は帰ってきてしまいました。後日リベンジせねば・・。

というわけで、今日は曲別感想は書きません。
筐体の前で半分寝ていて、ほとんど覚えていないので書くに書けませーん(´◉◞౪◟◉)ウヘヘ

e2をクリアしました(´▽`)

塗り間違えたときのチェックがON/OFF設定できるようになっていたり、ジャンルを全問クリアするとメダルが表示されるようになっていたり、細かいところで改良されていたe2でした。

こうやって最新作までコツコツと、遊びやすい仕様に変化していってるのですね(´▽`)スバラシイ

問題的にはいつものピクロス。
ミクロスが追加されていましたが、かなり作業感が強いので、個人的にはミクロスは無くてもいいかな~という感じです。

さて、e3にとりかかろうそうしよう(´▽`)

毎度おなじみ課題曲ランキング。
今回のお題は、FF12の王都ラバナスタ/市街地上層(究極)。

初日に予想外にあっさりフルクリできたので、スコアを伸ばすべくもう少し頑張ろうかなーとチラリと思ったのですが、やめました。
もともと精度が迷子だということもあるのですが、己の実力を大幅に越えて精度を追い求めると心がすさんでシアトが楽しくなくなるからです。

私の今の実力的には、究極譜面でフルクリ出来れば万々歳。
さらに990万点台に乗れたら僥倖といったところ。

そこで、スコアを伸ばすのではなく、ぼっちペアでフルチェインを目指してみることにしました。
現時点では、ぼっちペアは基本と熟練でしか遊んでおらず、究極以上は手付かず。

最初の数回はメダパニっていたものの、中盤の両の手の使い分け混乱ゾーンに慣れたらフルチェインでき、ついでにフルクリもできてしまいました(・д・)ゲセヌ
正直、通常プレイよりもぼっちペアの方がダブルスライドの向きが見やすく、譜面の先読みをしなくて良い(=ジャストサークルを凝視できる)分、ラクだったような気がします。

というわけで、私の今回の課題曲ランキングチャレンジは終了。
精度はどういう訓練をしたら上がるのですかねぇ・・。
tffac20180629.png

とりあえず放置しようと思っていたゼノブレ2ですが、なんと、まだやり残し要素があったようです@w@;
DLCのクエスト類をまとめて受け取ってしまったので、チェック漏れした様子。

というわけで、ダイセンニン?のところに行って、シュルクとフィオルンに会ってきました(´▽`)

名(迷?)台詞健在。
xenoblade2_20180628-001.jpg

・・・どちら様で(´◉◞౪◟◉)?
xenoblade2_20180628-002.jpg

WiiとSwitchでの解像度の違いなのか、絵を描いた担当の人が違うのか。
シュルクもちょっと違和感があるのですが、フィオルンはかなり別人度が激しい気がします・・orz

声がゼノブレの二人と同じらしいのと、戦闘中は顔まではほぼ見えないのであまり問題はないのですが、もう少し似せてほしかったですね。
脳が一度「別人」と認識してしまうと、うれしさが半減するのです。
そのうち慣れる・・かな?

ダイセンニンのお題は結構大変そう。
一部には、二周目じゃないと出来ないよねコレ?的なものもあり、やっぱり二周目に入らないとダメかな~という気がしています。
時期的に今始めるのはキツイので、オクトパストラベラーが終わった後に始めましょうかね@w@;

おまけ。身長差すごい(´▽`)
xenoblade2_20180628-003.jpg

やっと・・・やっとクリアしましたーーーーー!!!!!!!!!
xenoblade2_20180626-001.jpg

今までいろいろなゲームをしてきましたけれども、これほどまでに忍耐力を要求されるサブクエストというのは珍しいのではないかと思います。
アイスキャベツをヨユーで超えてますわ(´▽`)

最後のライブが路上ライブというのは、ちょっと解せぬ(´◉◞౪◟◉)
ナナコオリちゃんの声は透明感があって、とてもとても好きなので、最後だけでも歌ってほしかったです(´▽`)
xenoblade2_20180626-002.jpg

天使かな?
xenoblade2_20180626-003.jpg

天使ですね?
xenoblade2_20180626-004.jpg

なんだかもう満足してしまったので、とりあえず、ゼノブレ2はここまででいいかな~と思います。
近いうちにイーラの追加シナリオ?が追加されるらしいので、そうしたら戻ってくるかも。多分。

あ、でも、今気が付いてしまったのですが、ナナコオリちゃんのキズナリング(だっけ?)がコンプしてないのですよね。
そこまでは頑張りますかね・・いやでもめんどくさい・・・。