引き続き、gccでSysTickのサンプルがビルドできるようにする。
必要なのは、CMSIS関連のヘッダファイルと、デバイス用のヘッダファイルになる。
上記リンクを見ると、CMSISの仕様とテンプレートは無償でダウンロードできるとある。
しかし、ダウンロードしようとすると、ユーザ登録を求められる。メールアドレスと個人情報を登録すると、しばらくするとアクティベーションのメールが届くので、URLにアクセスすると登録が完了する。
ダウンロードしたのは CMSIS-SP-00300-r3p1-00rel0.zip と言うファイル。
展開すると、ドキュメントと、共通のヘッダ、ライブラリ、デバイス用のテンプレートファイルがある。
残念ながら、ここにはfm3マイコン用の定義は含まれていないようだ。(※ spansionからダウンロードできる)
しょうがないので、SysTickのサンプルや、MDKの中から必要なファイルをかき集めて、なんとかビルドできるようになった。
fm3/sample2 at master · false-git/fm3
かき集めたファイルは、ライセンスがいまいちわからなかったり、CMSISのEULAを読むのが面倒だったので、上記リポジトリには含めていない。READMEにどこから入手するかを書いたので、必要であれば持ってきて欲しい。
RTXカーネルもBSDライセンスだと書いてあるのでダウンロードしてみたが、試してみるのはまた今度にしよう。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: fm3マイコンで遊ぶ(3)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.wizard-limit.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3162

コメントする

このブログ記事について

このページは、falseが2014年5月28日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「fm3マイコンで遊ぶ(2)」です。

次のブログ記事は「fm3マイコンで遊ぶ(4)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

Powered by Movable Type 5.2.10