ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの最近のブログ記事

クリアしました(´▽`)

出来る限り自力で祠を探し出し、どうしても見つけられなかった4つを攻略サイト頼りでクリアしました。
で、もらえた装備を強化しようと思ったら、物凄いメンドクサイものが素材にあることが判明し、強化を断念@w@;

まだまだミニゲームは触った程度だし、コログさんもたくさん残っているしだけれど、もういいかな~?ということでクリアしてしまいました。

ざっくりと思いつく範囲で感想をメモ。

■ラスボス戦

なにしろ全祠クリア済なのでハートの数が最大。食べ物もたくさん(´▽`)
負ける要素はなにひとつなく、ゴリ押しで倒してしまいました。
今一つ正攻法が分からなかったのですが、ノーダメで倒すにはどうしたらよかったのですかねぇ・・?

騎馬戦は途中で馬から転げ落ち、何度乗っても落ちまくるので、諦めて徒歩でクリアしましたorz
ゲームプレイ中、馬にほとんど乗らず、流鏑馬も一度やったきりだったのが完全に敗因です。
まあ、倒せたのだから良しとしましょう(´◉◞౪◟◉)

■チャレンジの数

ミニチャレンジやほこらチャレンジが粗方片付いた頃から、だんだん同じことの繰り返し(マップ精査=ほこら探し+コログ探し)になって、飽きてきてしまいました。

世界の広さの割に、チャレンジの数が少なすぎたのではないかな~と思います。ゼノブレイドレベルで、それこそ鬼のようにたくさん作って欲しいとは言いませんが、もう少しボリュームがあると良かったかも。

■音楽

ハイラル城とか、最後のメインテーマとか、おなじみの曲がすんばらしいアレンジになっていて超俺得(´▽`)!でした。

■操作性

最後の方でようやく少し慣れてきた気がします。
回避しようとしてしゃがみまくったのは私だけではないはずだ・・(´◉◞౪◟◉)

■自由度の高さ

多分、祠やらストーリーやらをほとんど無視してもラスボスまで行ける仕様だと思うので、サクサク進めても良し、じっくりやりこんでも良しの自由度の高さが私好みでした。

■ゼルダ姫を放置している罪悪感

ストーリー的には、頑張っているゼルダ姫を放り出したままで世界を放浪するのは如何なものか?という気もなくはないですが、一応神獣開放やら祠解放やらのために世界を回れと言われたという大義名分もあるわけで、「こんなことしている場合じゃないのに」という罪悪感は若干薄らいでいた気がします。・・一応。

旧作のゼルダシリーズのように自由度が低いときは、「ゼルダ姫を助けたくともまだその時期ではない」という言い訳が成り立つのですが、今作のように自由度が高いと「さっさと助けにいかないとな~・・」という気持ちを常に抱えながらのプレイになるので、精神衛生上あまりよろしくないです(≡д≡)

■ゼルダ姫

今までも色々なタイプのゼルダ姫が登場しましたが、今作は学者肌系という珍しいタイプの姫様で面白かったです(´▽`)

その日の気分で適当に歩き回り、せっせと祠を探し出しているうちに、がんばりゲージがMAXになりました(´▽`)ヤッタネ!!!

マスターソードを取るまではライフに振っていましたが、それ以降はスタミナ極振りです。スタミナ超大事(・д・)

スタミナMAXになったことで大抵の高所はサクサク上れるようになったので、そろそろ神獣にとりかかろうかな~と、今まで放置していた神獣へ行ってクリアしてきました。

立体パズルは苦手なので、象さんと鳥さんは苦労しました@w@;
それでもなんとかクリアは出来たので、とうとうガノンを残すのみとなったようです。

ここでクリアしてしまうと、もうこのゲームには戻ってこない気がするので、せめて各所のクエストをクリアするまではガノンには手を出さないことに。

結構捜索範囲の広いクエストばかりが残っているので、世界を散策しつつ気長にやろうと思っていますが、他にも放置ゲーがあるのでサクサククリアしてしまった方が良い気もします。

なにしろ、ゼノブレイド2やドラクエ11が控えてますからねぇ・・(≡д≡)
これ以上積みゲーが増えるのは避けたい今日この頃です。

世界をてくてくと歩き回って、やっとのことで全てのシーカータワー(だっけ?)を起動。マップ解放が完了しました(´▽`)

とはいうものの、マップをくまなく歩くということが出来ているわけではなく、マップ踏破率的な意味でいえば10%くらいではないかと思います@w@;

マップがあっても全く自分の位置が分からない方向音痴には広すぎる世界ではありますが、ちょこちょことコログさんやら祠やらに遭遇するのもあって、「ゲームの進行的に仕方なく歩かされている感覚」がありません(´▽`)ターノシー!!

最近マスターソードを入手して、やっとガーディアンを楽に倒せるようになってきて、ますます散歩が楽しくなってきました。
あ、でも、ライネルさんは全力で避けて通ってます(´◉◞౪◟◉)ウヘヘ

まだまだ歩き回りたい気持ちが強いのですが、そろそろいい加減に神獣(?)を解放した方が良いような気もするので、手始めにゾウさんあたりに行きますかねぇ・・。でも、家族が遊んでいるのを見る限り(超絶ネタバレ)だと、4つとも立体パズルっぽいので、メンドクサイから散歩していたいなーと思ったり思わなかったりやっぱり思ったり(≡д≡)

そういえば日記全然書いてないや(´▽`)とやっと気づいたのでメモ書き程度に。

一言でまとめると、エントリのタイトル通りです。
めっさ超絶に冒険しています(´▽`)ターノシー!!

■自由度が高い

山に登りたいと思えば登れ、泳ぎたいと思えば泳げ、持っているアイテムをこうしたらこうなるんじゃないかな~?と試すと、大体予想通りになって、ただ歩いているだけで楽しいです。

最初のマップだけは一通りチュートリアルをこなすまでは他の場所に行けませんが、そこをクリアすれば、手持ちのアイテムを駆使して大体の場所は行けます。
どこへでも行けてしまうので、ダンジョンも攻略する順番というものがなく、好き勝手に世界をウロウロできるのがいいです(´▽`)

まだまだ序盤もいいところですが、とてもとても私好みのゲームです(´▽`)
FF12やゼノブレイドのような、自分の足で世界をくまなく回って探索するのが好きな人にはたまらないゲームではないですかね~(´▽`)

■操作性

大絶賛しておいて落とすようですが、問題点が全然ないかといえばそういうわけでもありません。
特に、操作性についてはかなり微妙なラインです。

「+」ボタンや「-」ボタンにいろいろな機能を詰め込んであるので、いまだにどれがどれだか混乱します@w@;
それと、プレステのコントローラーのように左右対称的なつくりではないので、そこでも混乱します。

大抵のゲームは何時間かやっていると、いちいち操作方法を考えなくてもパッと手が動くようになるのですが、このゲームは一向にそうなる気配がありません。

もしかすると、私が歳を取って、そういった新しい操作性に対応できないだけかもしれませんけれども@w@w@w@w@;;;

ゼノブレイドクロスをクリアし、さて次はダクソ3のDLC第二弾?ゼルダ最新作?と悩み、ゼルダを始めることにしました。

多分、かかる時間はダクソの方が少ないだろうし、操作方法を忘れてしまうという意味でもダクソから取り掛かるべきなんだろうなーとは思いました。

でも、私以外の家族が毎日のように目の前でゼルダで遊んでいて、攻略法やらなにやらを楽しそうに話しているのを見聞きしてしまうともうダメです(´▽`)

やりたいゲームをやりたいときにやるぜー(´▽`)!精神の下、開始なのです。

閑話休題。

ニンテンドースイッチは独特のリモコンですが、どうもRスティック?の位置が感覚的に合わなくて、慣れるまでは苦労しそうな感じですねぇ・・(≡д≡)
Lスティックの位置が上なのにRスティックは下の方にあって、左右で同じ高さにないのがどうにも気持ち悪くて仕方ありません。

武器があっさり壊れてしまうのも地味にストレスです。
どんどん武器を持ち替えていくスタイルのゲームらしいですが、ひとつの武器を修理しながら大切に使う方が好みだし、ぶっちゃけると一度入手した武器防具は壊れないで欲しい(´▽`)デス

今日は1時間ほどウロウロと歩いて、はじまりの祠(だっけ?)に辿り着いたところで終了しました。
不思議と画面酔いしなかったので、明日からはもう少しガシガシ進めていきたいですね~(´▽`)