webgameの最近のブログ記事

続いて前回と同じシリーズの二作目にチャレンジ~♪

冒険者たちへ Spark of intelligence 2

前作のトップページに「ちょっぴり易し目の全10問」とあったのですが、「たぶん易し目の全10問」になっていました。ということは、少し難易度が上がった・・のですかね@w@!?
結局、ひらめくかどうかで簡単に感じたり難しく感じたりするので、よくわかりませんでした。

でも、個人的にAJ様のリドルは全体的に難しめの部類に入るのではないかな~と思います。

リドルは楽しいのですけれども・・本当に体力も気力も消耗するので、我慢して少しずつやらないと絶対にどこかで体にガタがきます@w@;
一度このあたりで休むのが無難でしょうねぇ(≡д≡)イヒヒヒヒ

以下は、ネタバレなしテキトー感想。

脱出ゲームをやっていたら、そういえば最近リドルゲームやってないよね(・д・)?と気づきました。私の中では、リドルといえばAJ様!なのでサイトにお邪魔してみたら、未プレイの作品がたくさん@w@!!

というわけで、久しぶりにリドルゲームにチャレンジなのです。

冒険者たちへ Spark of intelligence

トップページに「検索しなくても解けます(たぶん)。ちょっぴり易し目の全10問」とありますが、私はこういう甘い文句を信用してはいません(・д・)キリッ

なぜなら、冒険者たちへシリーズですから(真顔)。
私のような凡人は検索しなければ解けないし、難問率高めに違いないのです(確信)。

結局、いつも通りうなりまくること数時間。
なんとか解けましたが、しばらくなんにも考えられそうにないくらい消耗しました@w@;;

いやしかし、やっぱりリドルは楽しいですわー^-^-^-^-^

以下は、ネタバレにならない程度にざっくりと感想をメモメモ。

脱出ゲーム ELEMENTS

製作期間三年の超大作脱出ゲーム ELEMENTSを堪能してきましたー@w@!

ずっと製作中ということは知っていたのですが、最近音ゲーばかりやっていて、ほかのゲームは軒並み放置状態でした@w@;
で、最近3DSの脱出ゲームに手を出したこともあり、そういえばNeutralさんの新作ってどうなってるんだっけ?とみてみたらいつの間にか出てました・・・出遅れた・・・orz

というわけで、始めたのですが・・・長い(・д・)!!!
いや、超大作ですからね、長いのはわかっていたのですが、それにしても長い(・д・)!!
大事なことなので二度言いましたってやつです。長いです。

たぶんそんな人はいないと思いますが、ちょっとやってみようかな~?と思った方は、紙とペンを用意して臨むのが吉です。紙とペン超大事。大事なことなので・・・いや、もういいか(≡д≡)シツコイデスネ

基本的には迷うことなくサクサク進められた(当社比)けれど、下の方の光るパネルの仕様がわからなくて、完成形はわかっているのに完成させられなくてそこで長時間ハマったとか、クリアしたー!と思ったらまだ先があって、しかもいままでのはなんだったの?くらいの勢いで広大なエリアで絶望しかけたとか、まあそんな感じで楽しかったです(・д・)イヒ

Neutralさんの脱出ゲームは、ほかの作品にも言えることなのですが、謎解きに理不尽さが欠片もないんですよね。
なんでこんなところクリックさせるんだ!とかいうことが一切ないので、純粋に謎解きに集中できるのが最高です。クオリティ高すぎて、無料で遊ばせていただいてるのが本当に申し訳ないというか、振込先はどこですか?状態です@w@;

今回も期待を裏切らないというかむしろ期待をはるかに越えたボリュームと充実した内容のゲームをありがとうございましたー!

あーたのしかった^-^-^-^-^-^



twitterでヒュー様から教えていただいたリドル系ゲームです(・д・)
前作がとても面白かったので期待大~@w@♪

今作はニコニコ動画の特別な知識は必要ない・・・とのことですが、正直なところニコニコライトユーザーな私には分からないところがあって、謎解きとは別の点で少し困りました。
動画にアレするとコレするという機能を知らなかったので、アレしたら他の方々にネタばれになるんじゃないの?本当にアレしてもいいの???と、しばーーーらく固まっていました@w@;;;

ぐぐってみたら、アレするとコレさせる機能があるということが分かったので、思い切ってアレしてみましたが、かなりドキドキしましたね~(≡д≡)ウフフ

謎解き自体は、前作同様「一粒で二度美味しい」的な構成でとても楽しかったです。
一番悩んだのは18個の列でしたが、一晩寝たらアッサリ解けました。
詰みそうになったら休憩を入れるのは大切です・・・(・д・)

最後の最後でエーーーーッ!?と驚いたりしつつ、なんとかエンディングまで見ることが出来、満足満足~♪
楽しかった~~~@w@♪
AJ様のリドルゲームにどっぷりつかっています。
というわけで、今回は冒険者たちへ Cool Down 2でっす(・д・)!

前作にあたるCool Down(公開終了)でそれはそれはもう凄まじくでんじゃらすで、あんびりーばぼーで、うぎゃーと叫びたくなるような地獄を見たので、覚悟して挑んだのですが・・。

なんと、ツールが必要な問題には「ツールが必要」とちゃんと書いてある親切設計@w@!
あれ?これはひょっとして前作よりはラクかも!?とか思ったらやっぱりラクではありませんでした・・orz

今回一番ハマったのはCool9。
赤い文字と○○○ル名からお茶でなくてあちら方面だというのはすぐ分かったのですがー・・画像の上の文字を見て、思いっきり認証系のうんたらかんたらだと思い込んで、そちら方面を調べまくってしまいました。

ハマったといえば、クリア画面のクルクル回るアレ。
頑張って揃えようとしたけれどなかなか出来なかったですねぇ@w@;;;;
出来た後にカラクリに気付いて叫びそうになったのはヒミツです(≡д≡)ヤラレタワー

チャーハン問題も解いたし、入口も発見したし、小悪魔ちゃん問題も解いたし・・・これで全部かどうか怪しいですが、満足満足~♪
あー楽しかったああああああああああああああ\(≡д≡)/
AJ様のリドルゲームで遊びたい病を発症したので、今回は冒険者の異常な愛情にチャレンジです。
ハートが飛び交っていて怪しい感じですが、リドルゲームですのことよ・・@w@;;

多分、AJ様の作品の中ではかなり難易度低めだとは思うのですが、一部の問題に恐ろしくハマってしまって一週間くらいかかりました・・orz
あまりにも分からなくてウギャー!と発狂しかけたのは内緒です。辛かった・・(≡д≡)SL7とかSL7とかSL7とか・・・

でも、やっぱり全部解けたときの快感がたまりませんね~♪

以下、ネタばれしない範囲でツラツラと感想です(・д・)

久しぶりにリドルゲームで遊んだら、もっとガッツリ遊びたいなー(・д・)と火がついてしまいました。
リドルゲームといったらAJ様!というわけで早速探してみたら、いつの間にやら新作リドルがたくさん@w@ヒャッホーー!!

よりどりみどりでどれから遊ぼうかと悩んだのですが、見た目的に脱出ゲームっぽくて少し簡単そうかも?ということで、最新の脱出者たちへを選びました。

・・・まあ、AJ様のリドルゲームで「簡単かも」とかちょっとでも考えるあたりがダメダメなわけで(≡д≡)グフッ
やっぱり、ものすごーーーーーーく悩みまくりました(≡д≡)ゲフゲフゲフッ

ニシンそばは、頻出のアレなので困らなかったのですが・・コピー機の仕掛けに気付かずに丸一日費やしてしまいました・・orz
最後の最後で思いっきりスペリングを勘違いしていて、いくら入力してもエラーになったりと涙目になりつつ何とかクリア~♪

あーやっぱりリドルゲームって楽しいですね~\(≡д≡)/


twitterで教えていただいたリドル系ゲームです。
動画でこういうゲームがあることを知らなかったので目が点でした@w@

最初はこの動画から始まり、あちこちをさまよって動画に帰ってくるという構成で、簡単すぎず難しすぎずの難易度で面白かったです@w@

途中でプリンタが必要だったり、紙とペンがあった方が解きやすかったりと、ブラウザ上だけではやりづらいですが、特別な知識は必要無く、純粋なパズルなのが良いですね~♪
AJ様のリドルゲーム、冒険者たちへ Bit Hard
全10問のシンプルなリドルゲーム・・とのことですが、そんな簡単そうな見せ掛けに騙されるワタクシではございません(≡д≡)イヒ!!
過去どれだけ痛い目を見たことか。
今は公開終了されていますが、Cool downの時は本当に頭がグルグルしてウガーッ!!!!!!!と叫びたくなりました、ハイ。

シンプルとか簡単とか書いてある時に限って難問にぶつかるのがAJ様のリドルゲームの特徴だと思うので、今回は気を引き締めて開始しました ミ☆
結果は、ラストまでは行けたけれど予想通り悩みまくり(≡д≡)ヤッパリネ!!
しかも、今作もおまけ要素(チャーハン)があったらしいのですが、ひとつも見つけることが出来ませんでした。
チャーハンをひとつも見ずにクリアしたのは初めてかも・・。

頭の体操になりますので、興味がおありでしたら是非チャレンジしてみてくださいませ~♪

以下、ネタばれは多分していないけれど、一応続きから・・・。
とても質の高いリドルゲームを作成されているAJ様のダンジョンRPG型リドルゲーム、冒険者たちへ Dragon's eye
また泣きながらgoogleの海をさまようことになるのは目に見えているのですが、チャレンジしてきました。

昔、まだ子供の頃にゲームブックというジャンルにハマったことがあります。
進む方向が示されるだけでマップなどはもちろん無いので、よく手書きでマップを作っていました。
その頃の感覚を思い出して、懐かしく、楽しい時間をすごすことが出来ました。

ゲームブックは「北へ進む」などのように方向が示されるのですが、3D系だとそれが無くて方向音痴な私には少し辛かったです(≡д≡)ウヒョ
コンパス?なにそれ?おいしいの?という感じで、コンパスがあることは分かっていても有効活用できないという・・・(笑

最初のうちはお金が足りなくてセーブできず、ブラウザを立ち上げたままにしていたのですが、何故かスタート画面に戻ってしまっていたり、PCをスリープ状態から起動しようとしてブルースクリーンが出てお釈迦になったりして泣きました。
個人的には、頑張ってお金をためて、こまめにセーブするのをオススメします。
私は基本的に1つの階をクリアする毎に戻ってセーブしていました。チキンです(≡д≡)ウヒ

正直に言えば、序盤のレベル上げと終盤のお金稼ぎが単純作業になってしまっていたので、そこだけはゲームバランス的にもう少し緩くても良いような気がします。
ですが、それ以外はとても練られているし、思わず笑ってしまう要素が満載です。
リドル的にも難問はあまり無いようなので、リドル初心者の方にもオススメです。
少し時間はかかりますが、是非多くの方に遊んでいただきたいゲームですね。

今回もとてもとても楽しませていただきました。
どうもありがとうございました~♪


以下、ネタバレは避けるようにしているけれど、先が分かってしまうとつまらないと思うので続きから・・・。