LOST SPHEARの最近のブログ記事

なんと、ロストスフィアはマルチエンディングだったそうです(´▽`)ヤラレタ...

歩くネタバレ魔人の相方が、今回は私がクリアした後にロストスフィアを始め、今日クリアしました。
私が見ていない方の結末を見せてもらったのですが、なんというか、こちらが真エンディングではないですかね@w@;

自分のプレイ時は全然気づかなかったというか、あれだけ間があったら普通話しかけるよねというか、むぐぐ感でいっぱいです。むぐぐ・・・。

どちらの終わり方が好みかといえば、正直どちらでもいいというか、衰退エンドも犠牲エンドも納得できます。

ただ、その選択肢は分かりやすい形でプレイヤーに示してもらえると嬉しかったですね@w@;
たまたま選んだ操作によって結末が変わるというのは、納得感が薄いです。

セーブデータに☆が付くという意味でクリアしました(´▽`)

雑魚戦に比べてボス戦が結構キツめのバランスなので、少々人を選ぶところはあるかと思いますが、30時間程でクリアできるコンパクトさが良いです。ダラダラする要素が少なく、良くまとまっているゲームだと思います。

以下、思いつくままにツラツラ感想。

■灰色の世界

白vs黒、善vs悪、敵vs味方といった、きっちりとした区分けが無く、良くも悪くもまだらな灰色の世界観でした。

ラスボスだけは黒寄りだったので、もう少し灰色に近い立ち位置だったら更に良かったのかな?とも思います。
が、そういうゲームでは、「ラスボスにも事情があったんだ!悪いのは世界システムだ!」というような身も蓋もない方向に行くことが多い印象なので、これで良かったのかも。

帝国の指導者層がかなり魅力的で、敵だと思っていたら後になって味方になったという単純なものではなく、それぞれ自分の信念に基づいて行動していたのが素晴らしく好みでした。

■ロスト

本作の世界観の要であり、世界を発見していく上でのワクワク感を与えてくれる良システム。

RPGは、街からダンジョンを経て次の街へと移動していくものですが、毎度おなじみのそれは作業感の強いものです。
当然、このロストスフィアでも同じ作業をするものの、ただ移動するのではなく、途中でロストを元の状態に戻していくという別作業が発生することで、不思議なことにRPGのマンネリ移動がワクワク感に化けます。

おまけに、ロストから解放したついでにアーティファクトを設定して自己強化が出来るというのだから、楽しくないわけがありません。

■戦闘

前作いけにえと雪のセツナから継承されている法石システム。
今回は機装が加わることで少々ややこしくなっている気がします。

特にサポート法石は、序盤はともかく、中盤以降はそれなりに考えて設定しないとボス戦が辛くて仕方ありません。

それと、昇華が発生するためには、そのキャラを戦闘に出して実際にスキルを使わなければならないので、偏ったメンバーを育てていると、急にボス戦でキャラを変更したくなった時に使いものにならなくて困ります。

とはいうものの、レベル差補正がかなりキツめなので、中盤以降であればスキャン使用のレベル上げ+お金稼ぎで対策出来るのが良いところ。

結局、遺跡の奥のペンギンを倒せなかった私が言っても説得力がありませんが。

■音楽

いけにえと雪のセツナの時も思いましたが、世界観に沿ったいい曲揃いだと思います。

どうやらメロディラインがしっかりした曲より、しっとりとした落ち着きのある癒し系の曲が持ち味の作曲家さんなのかな?といった印象でした。

DL版特典?のサントラ2曲を聴いての補足。
ゲームプレイ中は音量が小さめだったせいか気付かなかったのですが、ヘッドホンでじっくり聴くと、音作りが独特だということがわかりました。
音が詰まっていなくて、立体的な空間の中でそれぞれの音がうまくばらけている感じがとても気持ち良いです。
ゲームプレイ中にヘッドホンを使わなかったことを軽く後悔中。

■ストーリー

流れ的には完全に王道RPG。
プレイヤーが付いていけないわけわからんちん展開とか、意味ありげに放っておいて回収されない伏線とか、そういったものからは程遠い話運びですが、最後の月周りの彼女の役割だけは少し分かりづらかったかも。

最後でカナタが選択を間違えたかも?と何度も言うのが気になったのですが、あれは何か意味があったのですかね?

■キャラクター

特に好きになったキャラはいなかったけれど、苦手なキャラもいなかったという意味では珍しいゲームだった気がします。
パーティーの参加頻度の高さ順にメモ。

カナタ

世界の希望的問題解決系男子。
最初の頃は、いけにえと雪のセツナのセツナよろしく強気で前向きに正論を言って周りを巻き込む人だったのですが、途中から揺らぎが出てきて妙に安心したのを覚えています。

戦闘面ではオールラウンダー。
攻撃良し、守り良し、回復良しで使い勝手が良かったです。

ディアント

頼れるみんなのナイト。
ストーリー的には少し影が薄めですが、ブレない赤子という安心感のあるキャラでした。

戦闘面では守り役。
特に、カナタとの連携技アブソリュートはボス戦で超絶お世話になりました。これがなかったら、多分クリア出来なかった。

ガルドラ

超絶誠実系軍人の鑑。
武人の中の武人といった言動がカッコ良すぎてちょっと出来過ぎだろうけど、それがガルドラ。ちょうかっこいい。

戦闘面ではボス戦特化型アタッカー。
最終武器+10での防御を捨てた神速使用時の与ダメはパーティー随一でした。まあ、その分死亡率も随一でしたけれども。

ロック

イメチェン系ガンナー。
初期メンバーで大して特徴もないなんて、この子は絶対に空気になるぞ・・と危ぶんでいたら、最終的にメインメンバーの一人になりました。途中でのイメチェンは結構過酷なものだと思うのですが、割とサラッと流されていたのが凄い。
何気に、世界の技術系最先端話の担い手。

戦闘面ではアレンジメントでのアイテム全体化が超優秀。CT1で割とガシガシ使えるので、ボス戦ではずっとなにかしらのアイテムを投げていました。

シェラ

真面目系巫女さん。
ストーリー的にはどのあたりが巫女なんだろう?と言う感じですが、巫女さんだからいいのです。

戦闘面では八人中唯一の回復役だったはずなのですが、結局最後まで蘇生スキルと状態異常回復スキルを覚えることが出来なかったので二軍落ちになってしまいました。

ヴァン

リア充系ツンデレ男子。
リア充爆発しろ。

戦闘面では、とにかくビットの扱いがさっぱり分からず、スキル説明を読んでも理解が出来ず、二軍落ちになってしまいました。アーティファクトにも特別なものがあるし、使いこなせれば多分優秀なキャラだったと思うので残念無念。

ルミナ

拳で語る系女子。
ロック同様、この子も空気化しそうだと思っていたら、意外なところでスポットライトが当たって驚きました。

戦闘面では、・・・使いこなす以前の話で、最初のメンバーが四人以下の時しか戦闘に出していません。夢幻闘舞的なものが使えたら違ったかもしれませんが。

オバロ

歴史の語り手。
なんだか良く分からない話になると決まって解説してくれる、ストーリー上いてくれるととても助かる系オッサン。割と若者の多いパーティーでの大人枠。

戦闘面では、ヴァン同様範囲指定が面倒で、操作の煩わしさから二軍落ちになってしまいました。

■マイナス点

ものすごーく細かい話になりますが、マイナス点もちらほら。

イベントのスキップ機能
ボス戦は全滅してやり直すのがデフォだったので、イベントのスキップ機能が欲しかったです。
早送りは出来ますが結構長いので、サクッとスキップ出来たら嬉しかったところ。

アイテムの自動選択
それと、各街の食材募集で必要なものを渡す時、毎回大量の食材の中から自分で探さなければならないので、持っているのなら自動で選んで欲しかったです。

ダッシュ機能
一応機装で短時間ダッシュは出来るし、中盤以降は飛空艇がありますが、せめて街とフィールドだけでもダッシュ出来たら嬉しかったです。
結構食材探しでフィールドをウロウロすることが多いので、狭いところに降りられない飛空艇だと不便なのですよね。

機装の名前表示
戦闘で機装に乗っているとき、単体ヒールしようとするとどれが誰の機装だか判別できなかったので、タゲったら名前を表示してくれると良かったです。これはもしかするとどこかに表示されていたのかもしれませんが、私は分かりませんでした。

■まとめ

最近の新作ラッシュでなんとなく埋もれてしまっている感がありますが、良作RPGだと思います。

ボス戦が少々キツイですが、ほとんどのボス戦は手前にセーブポイントがあるので、初戦はボスの攻撃パターン把握程度の気持ちで全滅当たり前の気持ちで遊ぶと精神衛生上良いです。

ストーリー良し、音楽良しと、ワタクシ的好みをしっかり押さえてくれているので、忘れたころにもう一度遊びたいですね。

ラスダン直前、法石集め完了まで。

今日はせっせとフラグを立てまくって八人分の法石を集めました(´▽`)ガンバッタ!!!

途中までは結構ボス戦で死んだりしていたものの、Lv50を超えたあたりから安定して倒せるようになりました。
やはりレベル差補正がかなり大きい感じです。

で、法石を集めるついでに、立ち寄ったダンジョンのmobは一掃していたのですが、ラグネス(だっけ?王都南の遺跡)で謎のペンギンにサクッと狩られました(´◉◞౪◟◉)

初手即死攻撃で全滅したわけですが、一体全体どうやって即死を防げと・・orz
一応防具である程度は防げそうですが、どう攻略したものか考え付かずに困っています。

多分、倒さなくてもクリアに支障はなさそうな感じではあるので、何回かチャレンジしてダメそうなら放置ですかね@w@;;;

明日はラスダンに突入するぜ!

スタッフロールを見て、高く飛べるようになったあたりまで。

一応スタッフロールは見たけれど、もうちょっとだけ続くんじゃ的なロストスフィアです(´▽`)

飛べるようになったので、あとは多分ラスダンではないかなーと思うのですが、どうやらひとりにひとつずつ法石が貰えるイベントがあるようなので、そちらをせっせと消化しています。

完全ノーヒントではありますが、なにしろ街の数が両手の数で足りてしまうくらいの規模の世界なので、しらみつぶしに捜索中です(´◉◞౪◟◉)

最近のパーティーは、カナタ、ディアント(だっけ?ハンマーの人)、ガルドラ、ロックの4人で定着しています。
なので、この四人の法石は出来れば欲しいところ。

正直、ダルダル感が強いのですが、イベントの内容は結構良いかんじなので頑張りますべー(´▽`)

空を飛んでいるへんなのに突っ込んだところまで。

本日のタイトル画面(´▽`)
LostSphear20171021-001.jpg

相変わらずボス戦が辛いのですが、それ以上に記憶(アイテム)が足りなくて辛いロストスフィアです(´◉◞౪◟◉)

ボス戦が辛いのは、もうなんというか、そういうものというか、このゲームの特色なんだろうな~ということで納得しつつあります。

前作、いけにえと雪のセツナは、そのあたりがテキトーでした。
同じ手順で雑魚からラスボスまで全対応できるという、超戦闘が空気ゲーだったので、それに比べたら画期的と言っていいくらいの進歩だと思います。

ただ、レベル差があるときのバランスが悪すぎるのと、爆破だのカウンターだのとダルイ要素があるのとで、結果的にイライラする要因が多すぎる感じになっているのが残念ですね@w@;

あれ(´◉◞౪◟◉)?
今日書きたかったのはボス戦のことではなくてアイテムの話だった!ということで閑話休題。

なんとかの記憶というアイテムを組み合わせて宝石・・じゃなかった法石に交換してもらうのですが、無計画に交換しまくっていたら、シェラさん(だっけ?弓の人)のスキルが全然そろわなくて困っています@w@;

どうやら回復役は彼女らしいのでスキルを揃えてあげたいのですが、記憶が足りない。それはもう全然足りない(´▽`)アチャー

一応アイテム画面で、どのモンスターがどの記憶を落とすかはわかるのですが、困ったことにそのモンスターがどこにいるかが分からないのですよね・・orz

というわけで、今日は過去に行ったダンジョンを片っ端から歩き直して記憶集めをしていました。
それでも結構足りていないですが、ヒールの上位版が手に入ったので良しとしましょう。

おまけ。今のところ一番好きな場所。
LostSphear20171021-002.jpg

東の大陸のナントカという国(名前忘れた)に辿り着いたところまで。

ボス戦がしんどいロストスフィアです(´▽`)

道中のカエルに大苦戦して2回ゲームオーバーになったのですが、その後のガも超大苦戦して5回ゲームオーバーになりました・・orz

カエルはともかくとして、ガは本当にどうにもなりませんでした。
与ダメよりガの回復が上回って、超長期戦(毎回20分くらい戦ってた)になってしまい、そのうちに混乱が来て崩れるという(´▽`)イライライライラ

あんまりにもイライラしたので、Lv31からLv34までレベル上げをし、その過程で入手したお金で装備を強化し、HP+MPUP効果のあるご飯を食べて挑んで、やっとのことで討伐に成功しました。
辛かった。もうこのゲーム投げ出そうかなーとチラッと思うくらいには辛かった(TдT)

新規加入メンバーのレベルが既存メンバーのそれより高いことがチラッと気になってはいたのですが、どうやら多少はレベル上げをしながら進んだ方が良さそうです。

このゲーム、雑魚戦に爽快感がまるでないというか、敵のHPを削り切った時に敵が画面から消えるまでの間に変な時間的タメがあって、次の入力をするべきなのかやめておいた方が良いのかの判断に迷うのですよね@w@;

もちろん、敵にカーソルを合わせれば残りHPは見える(ようにしている)ので判断は出来るのですが、倒した瞬間に消えてくれないというのは結構地味にストレスです(´▽`)
なので、レベル上げというか戦闘自体、出来る限りやりたくない。

初見の敵は全部倒しながら進めばレベル上げなしでボス戦をクリアできるくらいのバランスにして欲しかったなーと思います。
まあ、私がヘッポコすぎて戦闘システムを理解していないのが悪い気もしますが(´◉◞౪◟◉)

とはいうものの、レベル上げすればゴリ押し出来ることが分かったので、救済措置はあるということで納得しておこうそうしよう。

さて、続き続き・・。

東の大陸に渡ったところまで。

本日のタイトル画面(´▽`)
LostSphear20171016-001.jpg

ボス戦では大体一度全滅しながら進めているロストスフィアです(´▽`)アチャー

私がアホなのか、ボス戦のバランスが難しめなのかわかりませんが、とにかくいやらしいタイプのボスが多いゲームですね@w@;
まあ、簡単すぎるよりは歯応えがあった方が達成感はあると思うし、やり直せば大体クリアできるので今のところは問題なしです。

途中で出てきたギアだの、浮かんでる人だの、謎要素も徐々にちりばめられつつお話が進んでいます。
あのギアは・・・、まあどう考えてもピーーーーーッですけどね・・orz

お話自体は王道的だけれど、この話の進め方なら多分次はこうくるだろうという予測をしばしば小刻みに裏切ってくれるので、今のところは楽しく進められています。

戦巫女(だっけ?)さんが仲間になったところまで。

機装入手あたりから戦闘がキツくなってきて、ゲームオーバーを連発しています(´▽`)ダメダコリャ
LostSphear20171015-001.jpg

装備は店売り最強のものを揃え、珠(だっけ?)1個分ずつ強化した状態で、多分標準的な強化具合ではないかなーと思うのですが、出会う敵は全部倒しながら進んでいるにもかかわらず、既に5回くらいゲームオーバーになっていてげんなり@w@;

基本的な戦闘システムを理解していないのが悪いのでしょうが、何をどうやったら戦闘を有利に進められるのかがサッパリ分からないのですよね。
ゼノギアスのギアのような騎乗して戦う機装はサクッとエネルギー切れで使えなくなるし、一撃死は多いしで困り果てています。
今どきのゲームでレベル上げが必要ということはないでしょうし、何かを根本的に間違えている予感がヒシヒシと・・orz

遠距離攻撃タイプのキャラの場合、いちいち立ち位置を指定しなければならないのも面倒です。
ボス戦はともかく、雑魚戦は自動でやって欲しかった・・というか、主人公以外はAIで動くようにして欲しかったです。

主人公といえば、今作はプレイヤーが主人公のセリフを選択するという場面がなくて、自分(プレイヤー)の分身ではない一人のキャラクターとして見ていられてイイ感じです。
カナタ君は、物凄く常識人で穏やかそうな言動をするのに、いざという時は物凄く頑固で暴力的なところがハラハラさせられます(´▽`)

LostSphear20171015-002.jpg

周りの言うことを一応聞きつつも、結局は自分の思い通りに突っ走って周りを巻き込んでいくというのが、前作のセツナに通じるようで怖いですね(´◉◞౪◟◉)

私はオッサン好きなので、やはりオバロおじさんに惹かれます(´▽`)
体格の良すぎる魔法使いオッサンキャラというのがなかなかに新鮮でイイです。

LostSphear20171015-003.jpg

帝国に辿り着いたところまで。

3人パーティーになったらタイトル画面が変わりました(´▽`)
LostSphear20171012-001.jpg

音楽目当てで、システムとかストーリーとかにはそれほど期待していなかったのが良かったのか、なかなかに良い感触なロストスフィアです(´▽`)

手放しで面白い!ということはありませんが、細かいところで気が利いているというか、プレイヤーを飽きさせないように、あの手この手の小技を仕込んできているなーという感じがします。

それと、いけにえと雪のセツナの刹那システムなど、基本的なところは継承されているので、セツナをプレイしたことのある私はかなり取っつきやすいです。まあ、別に未プレイでも何の問題もなさそうですけれども(´▽`)

とりあえず、釣り要素があるので ALL OK!な気がしてきました。
超簡単爆釣ミニゲームだけれど、お魚釣りは楽しいですね(´▽`)

LostSphear20171012-002.jpg

おまけ。食べ物の絵が軽く飯テロで辛い@w@;
LostSphear20171012-003.jpg

LostSphear20171011-001.jpg

いけにえと雪のセツナと同じ開発メンバが作った?らしい?LOST SPHEARを開始しました(´▽`)

ちなみに、本来の発売日は明日なのですが、DL版の特典?で一日前倒しで開始です。

正直に言えば、いけにえと雪のセツナがかなり微妙感漂う作品だったので、今作は見送りかなと思っていました。
でも、セツナの音楽がとても好きだったので、試しにLOST SPHEARのサイトを見に行ってみたら、やはりとても良い雰囲気の曲なのですよね(´▽`)スンバラシイ

というわけで、今回は音楽目当てで開始です(´▽`)タノシミー♪