2017年8月アーカイブ

旅の仲間が四人になったところまで。

dq11_20170801-001.jpg

勇者・盗賊・魔法使い・僧侶的な?パーティー編成になりました(´▽`)
これで少しは安定しますかね。

ストーリー的につまらないわけでは決してないのですが、相変わらず面白く感じないので困っています。

本にしろゲームにしろ、大した欠陥が見つからないのにも関わらず「面白くないなー」と思ったときは、八割方自分の精神状態に余裕がない時なのです。自分では自覚が無いのが厄介なのですけれども@w@;

ここは一度ゲームから離れて、頭ではなく体を動かすべきな気がしますねぇ・・(´▽`)

新曲追加日~ということでシアトって参りました(´▽`)
言い訳にもなりませんが、寝不足で頭が回っていない上に、シアトをサボりすぎてタダでさえ皆無な連打力がさらに落ちまくっていて散々なスコアでした@w@;

もう少し余裕が出来たらリベンジするんだぜー(´▽`)!!

■星降る峡谷 (FF7)

やっと来ましたねー(´▽`)
どうもこの曲は無印TFFの鬼譜面がトラウマで構えてしまいましたが、難しすぎず易しすぎずの超絶入門的優良譜面だったと思います(´▽`)ターノシーイ!!

■バトル2 (FF9)

イントロ部分で何故かグレ量産してしまい、何度やり直しても変わらないので困っていました。
思えば、TFFCCのイントロも苦手なんですよね(´▽`)

■ハンターチャンス(FF9)

まさかの超絶譜面追加(´▽`)ヒャッホウ!!
難易度13という割にはそんなに難しくないじゃん(´▽`)?と、途中までは余裕かましていたのに、両手矢印グルグル地帯で見事に撃沈しました。
トリガーの速度を1.0に落とし、やっとこさ矢印グルグルは把握したものの手が動かず。無念(≡д≡)

上下左右に変換するなら、(左↑右↑)×2・(左←右→)×2・(左↓右↓)×2・(左→右←)×2・(左↑右↑)×2・(左←右→)×2というように、左手は反時計回り・右手は時計回りに円を描くように叩けばいけるはず。多分。
どうしても巻き込んでしまうんですよねぇ・・。

■挑め超絶!フィールドメドレー

最後のマンボの8連打を全部ミスりました(TдT)
連打が出来なさ過ぎて笑えてくるレベルです。

■バトル2 (FFUSA)

第16回ルクスクリスタルバトル報酬曲。
前のエントリでブツブツ言っていた「他とパターンが違う部分」でミスるかと思っていたら、それ以外の場所でも面白いくらいにミスりまくりました(´▽`)アレレー?

このくらいの速度なら16分刻み部分は両手分散でいけると思っていたのに、いけませんでした。
やはりエアプレイと実際のプレイは全然別ものですねぇ・・@w@;

■目標進捗

超絶:難易度14以下全譜面フルチェイン

進捗率??% 多分10%くらい?
プレイヤーズサイトで数えようとしたが、とんでもなくメンドクサイので断念(´▽`)
曲の難易度表示に関わらず、連打系のある曲はもれなくフルチェインならず。安定した連打の練習が必要そう。でも具体的にどう練習すれば良いのかが分からない。

超絶:シーモアレンジ S判定

ギリッギリで達成。
次はSSを目指す。いつもミスる場所の克服と、簡単な部分での精度UPが課題。

究極:全譜面王冠付け

進捗率71% → 69%(117/168)。
チャレンジしていないのではなく、何度やっても王冠が付かない曲が多すぎる。あまりひとつの曲に粘着したくないが、ある程度連続して練習する必要有。

熟練:BMS全譜面ぼっちペアスタイルでフルチェイン

FF1から順にやって現在FF14?
ぼっちペア的には究極幻想が他と比べて難しかった。

熟練:FMSのうにょうにょホールドを左手ボタン・右手スライダーで全譜面フルチェイン

達成・・のはずが、今回の新曲をやっていないので、あと1曲。

基本:全譜面フルクリ

進捗率61%(104/168)。
よくグレるので達成には相当な時間がかかる見込み。


dq11_20170805-001.jpg

5人旅になりました。

相も変わらずのドラクエ節全開でお話が進んでいます。
そしてやはりあまり楽しめておらず、作業感いっぱいで絶賛プレイ中・・orz

日記を書くのを忘れていたけれど、ちょこちょこと進めています(´▽`)

んが、困ったことに、細かい設定が出来ない状態で進めていて、いまひとつ楽しめていないというか損をしている気満々なイヤーン感が漂っております@w@;

別にすばせかが悪いのではなく、私の老眼が原因ですね@w@;
眼鏡をかけていても、店や設定画面の細かい文字がよく見えないという・・orz

とりあえず、今のところはストーリー的には問題なく進められているのでテキトーにやっていますが、多分どこかで詰みそうというか詰みますね(確定)。

老眼は治しようがないし、年齢的に仕方がないので、自分の能力の及ぶ範囲で妥協して楽しむことを受け入れていかなければ・・(´▽`)

あ、ゲームの内容に触れてない(´▽`)

現在、一章が終わって少し進んだあたりです。
お話的にはそれほど進んでいません。まだまだ序盤ですね。

バトルは正直苦手なタイプかも。いろいろ出来ることは多そうですが、基本的にタップ連打で済ませています。
攻撃しようとして移動したり、移動しようとして攻撃したりするのにイライラ度MAXだったので、複雑な操作は諦めました。

肝心の音楽は、曲は好みなのですが、ゲーム音楽としては前に出すぎに感じます@w@;
なので、最近は音を消して遊んでいます。勿体ないですが。

dq11_20170806-001.jpg

7人になりましたー(´▽`)

これでソフト起動時の画面に表示される7人が揃ったことになります。
7人分の装備を揃えるのが無理ゲーで辛い@w@;

エントリにするほどではないけれど保存はしておきたいスクリーンショットが溜まってきたので、記録的にUP(´▽`)

その釣り竿クレ(・д・)
dq11_xxx-001.jpg

お持ち帰りしたい棚。
dq11_xxx-002.jpg

DQ11の海の表現がとても好き(´▽`)デス
dq11_xxx-003.jpg

その釣り竿クレ(・д・)
dq11_xxx-004.jpg

10コインのマジスロ(だっけ?)で、大当たり版ファンファーレ発生。
dq11_xxx-005.jpg

初めてのキラキラ大当たり(´▽`)
dq11_xxx-006.jpg

謎の親近感(≡д≡)
dq11_xxx-007.jpg

その釣り竿クレ(・д・)
dq11_xxx-008.jpg

ネコ(・・ネコ???)の着ぐるみが一番好き(´▽`)
dq11_xxx-009.jpg

その釣り竿クレ(・д・)
dq11_xxx-010.jpg

これだけ釣り竿が出てきているのに一向にもらえる気配が無いという事は、やっぱりDQ11に釣り要素は無いのですかねぇ・・orz

gp20170812-001.png

最後の連打がどうしても出来なくて、難易度25なのに繋がらなかったティアドロップスのエキスパート。
まぐれ感MAXだけれどなんとかフルコンボできたので記念にパチリ(´▽`)

ガルパは一ヶ月くらい放置したりもするけれど、思い出してはポチポチと遊んでいます。
UIがとても好みなので、叩いていてとても楽しいです(´▽`)

多分、お話的に折り返し地点なんだろうなーというところまで辿り着きました(´▽`)

正直、この折り返し地点までは、順番に仲間を集めて各地を旅してイベントを見つつ悪いヤツの手下をやっつけて大魔王ドーン!でお終い的な流れかと予想していました。

で、ひとつひとつのイベントは面白くないわけではないけれど、いつものドラクエだなーと食傷気味でプレイしていたわけです。

順調に進んでいるところで一度ドーンと落とされるという展開は実にイイですね~(´▽`)
ワタクシ、ルパン三世のカリオストロの城が大好物なのですが、あの映画と同じように、悪役がちゃんと頑張っている?お話が大好きです。

是非ともこれ以降もラスボス?氏には頑張っていただきたいところです。

というわけで(・д・)

まさかのグレイグさんが仲間に加わり、
dq11_20170812-001.jpg

おじいちゃんが戻り、
dq11_20170812-002.jpg

シルビアさんが戻ったところまで進めました(´▽`)
dq11_20170812-003.jpg

どうやら、仲間ひとりひとりを回収しつつ、過去の掘り下げイベントが入る流れっぽいですね(´▽`)

とりあえずカジノの100コインマシンが解禁されたようなので、しばらくはカジノに篭ろうと思います(´◉◞౪◟◉)ガンバルゼー

二週に一度の新曲追加日~(´▽`)デス

■ラストハンター (FF13-2)

譜面は普通なのですが、なんというか叩きづらい・・。
何の音にトリガーが合わせてあるのか分かりづらいなーとずっと思いながら叩いていましたが、よく考えてみたら、曲の音がやたらと小さいだけな気がしてきました@w@;

■クレイジーチョコボ (FF13-2)

超絶譜面めっさ楽しい―(´▽`)(´▽`)(´▽`)!!!!!
個人的にTFFCCのFMS譜面で一番苦手なのがこの曲でして、TFFACで超絶が来るならきっと難易度14以上なんだろうなーと勝手に思っていたので、13でがっかりしていました。

でも、実際に叩いてみたら、このくらいがヘッポコな私には丁度良くて楽しかったです。
連打もこの密度ならギリギリ何とかなるし、連打地帯が短い+休憩ホールドがあるので、5決戦や10決戦のような途中で体力切れを起こす絶望感がありません(´▽`)

と、エラそうに書いてはいますが、ギリッギリのSSSでフルチェインも出来てません(´◉◞౪◟◉)グフッ
頑張ればもう少し伸ばせそうな気はするので頑張りますべー(´▽`)

この曲、というか譜面、赤トリガーが多すぎて、出来るだけ静かに叩いていてもめっさうるさいので、そこが問題と言えば問題ですね。
周りに人がいるときはちょっと叩きづらいです@w@;

■クロノ・トリガー (クロノ・トリガー)

とうとうきましたクロノ・トリガー(´▽`)!!
そのうち超絶付きでボスバト2とか魔王決戦とか世界変革の時とかも来るといいな~♪と夢が広がりまくりですね~(´▽`)

ただ、譜面的には、少なくとも究極はめちゃくちゃ叩きづらかったです。
密度が低くてかえってやりづらい曲の典型な気がします。

曲の後半のメロディーとリズムを交互に叩くところが面白かったです。

■破滅への使者 (FF9)

第17回ルクスクリスタルバトル報酬曲。

超絶譜面が個人的に超絶苦手譜面で、もうどうやってもダメ系でした・・orz
読めるし、一応叩けはする。なのにクリティカルが出せずにグレ以下が続くという、泣きたくなってくる感じです。

ほんとうににがてなんじゃああああああorzorzorzorzorz

で、この曲のラストを叩いていて気づいたのですが、私が苦手なのは「連打」ではなく、「正確なリズムを刻むこと」なのではないかと今更ながらに思いました。

さて、どうやって攻略しよう・・。

第18回ルクスクリスタルバトル

サボテンダー(青)vs トンベリ(赤)

今までルクスバトルは何も考えずに青チームでやっていましたが、とうとう能動的にチームを選ぶ時がやってまいりました(´▽`)

サボテンダーも大好きですが、朱雀トンベリ好きとしてはここはトンベリチームに属さざるを得ないというわけで、今回だけは赤チームです。


カジノではぐメタ装備を一人分入手したら、なんとなくやり切った感に襲われて一週間近く放置してしまったどらくえ11です(´▽`)イカン

このままだとヤバイという危機感を覚えたので、重い腰を上げて再開しました。

で、コワイお姉さんと、
dq11_20170817-001.jpg

カミュさんが戻りました(´▽`)
dq11_20170817-002.jpg

このゲーム、装備品は自分で作った方が良いらしいので、モンスターから素材を盗んでくれるカミュさんは必ずパーティーに入れています。
なのでやっと戻ってきてくれて嬉しい(´▽`)

でも、「ぬすむ」が手動なのが少々メンドクサイのが玉に瑕ですかねぇ・・@w@;
自動で盗んでもらう方法はないんだろか・・。

クレイジーなアイツを根性でフルチェインしました(´▽`)ヤッタゼ!!

tffac20170820.png

精度どこいった(´▽`)(´▽`)(´▽`)???

普段はジャストサークル付近を見て目押しするスタイルですが、フルチェインすることを優先して先読みで叩いた結果がコレです(´▽`)

己のリズム感の無さに、ある意味感心してしまいますねぇ・・。

再び全員が揃い、でっかいのを釣り上げて新しい剣がどーたらこーたらなところまで進みました(´▽`)

全員が揃うところのイベントは、私の二倍くらいの進捗度の家族のネタバレで知っている状態でした・・が、それはいいのです。

なぜ釣りがアレなのか(´◉◞౪◟◉)ゲセヌ
dq11_20170820-001.jpg

釣り竿が出てきておおお!?と思ったらコレですよ・・・期待させておいてドーン!ですよ・・。

ラーミアの時のような感動があるかと思っていたので、かなり拍子抜け。もう少しでいいから神々しさが欲しかったですね。

勇者のつるぎゲットだぜ(´▽`)

dq11_20170821-001.jpg

というわけで、なんとかラスダンに行くぜ!というところまでストーリーを進めました。
先にこのゲームをクリアした歩くネタバレ魔人の相方曰く、クエストは発生してすぐにやらないと報酬がおいしくなくなる、だそうでして。

せっせとクエストを片付けるべくあっちこっちへ飛び回っていたら、平均Lv55になってしまいました。
ちょっと上がりすぎな気がしなくもないですが、割とボス戦はどれも微妙に苦戦するバランスなので大丈夫でしょう(´◉◞౪◟◉)タブン

個人的には指定の連携で指定のモンスターを倒してこい系のクエストが面倒で面倒で、半分くらいは頑張って片付けたけれど、あとは放置してしまおうと思っています。

明日こそはラスダンへ行って、あわよくばクリアしてしまいたいお年頃です(´▽`)

やっとこさ、一応クリアしました~(´▽`)

結局、現時点で受けられるクエストは全部消化し、道中のモンスターは手当たり次第に倒しながら進めた結果、クリア時のサラサラ君のレベルは66。総プレイ時間は74時間となりました。

もうゲームを終わらせてしまっている家族はLv50くらいでクリアしたそうなので、少し寄り道をしすぎたかもしれません。
なにしろラスボス戦が超安定してましたからね@w@;;

で、続きを開始しました(・д・)

本当は、こういう展開はあまり好きではなくて、ここで物語を終わらせてしまいたい気持ちでいっぱいだったのですが、家族が言うには「クリアしてからが面白い」そうなので、渋々進めています。

どうやらクリア後はおまけではなく本編と言った方が良いくらいのボリュームがありそうです。
そろそろ睡眠不足が深刻になってきていて息切れしまくっていますが、頑張りますべー(´▽`)

あ、そうそう。
デルカダール(だっけ?)からフィールドに出た時に、冒険の旅@DQ3が流れてきて、ウン十年前に初めてDQ3でアリアハンから出た時の感動を思い出して鳥肌が立ちました。

dq11_20170823-001.jpg

ラスボスよりもなによりも、どうという事も無いこのシーンが、私にとってはDQ11の一番の思い出になりそうなヨカンがします(´▽`)

エントリにするほどではないSSが溜まってきたのでUP(´▽`)

バッカもん(´▽`)!
dq11_xxx-011.jpg

ネコ可愛い(´▽`)
dq11_xxx-012.jpg

仲間になったとたんにコレですよ・・・
dq11_xxx-013.jpg

それどう見てもかめはめ波(´▽`)
今作はドラゴンボールテイストが強めですね。
dq11_xxx-014.jpg

ノリツッコミ(?)が出来るなんて全然フールじゃない。
dq11_xxx-015.jpg

全体的にぱふぱふ要素が強すぎて若干うんざりしてます@w@;
dq11_xxx-016.jpg

それなんてダイの大冒険(´▽`)?
dq11_xxx-017.jpg

家族から攻略法を教えてもらって試したら一発で出ました(´▽`)
dq11_xxx-018.jpg

その釣り竿クレ(・д・)
dq11_xxx-019.jpg

らーみああああああああああああああ!!!!(違)
dq11_xxx-020.jpg

今週の水曜に、課題曲ランキングが実装されました(´▽`)

結論を先に書くと、新しいお客さんを取り込めそうなイイ機能だと思いました(´▽`)

以下、そういう考えに至った経緯をツラツラと。

最初にこのお知らせを見た時は、既に曲ごとに100位まで表示するランキング機能がプレイヤーズサイトにあるのに、どうして別途ランキング機能を追加するんだろう@w@??と、さっぱり意味・・というか意義が分かりませんでした。

譜面が課題曲ランキング専用のものというのであれば、それなりに意味があると思いますが、既存譜面ですしね@w@;

元々、私はスコアを他の人と比較するということに興味がほとんどないし、称号もふつうにプレイしていて取れればラッキー程度のテキトーなスタンス。
なので、周りは良くも悪くも課題曲ランキング機能の追加で盛り上がっていたけれど、個人的にはどうでもいいかなー(´▽`)と思っていました。

ちょっと話がそれますが、TFFCCのインターネット対戦は、バースト有りは好きですがバースト無しはほとんどやったことがありません。

バーストというお邪魔虫があることで、勝負ごとであるにも関わらず、勝って嬉しいとか負けて悔しいという感情が生まれにくく、勝っても負けても楽しかったー(´▽`)という印象が残るという秀逸な仕組みになっていると思います。

それにくらべると、バースト無しは純粋なスコア勝負で、相手よりミスが無ければ勝つし、そうでなければ負ける。
そういった勝負が好きな人にはたまらないのでしょうが、私はあまり面白さが分かりませんでした。

今回の課題曲ランキングは、TFFCCのバースト無し版の延長のように、私には思えたのです。

で、実際にゲーセンに行って筐体の前に座ってみて、「あーなるほど!こういうことか!」とガッテンガッテンガッテンしました(´▽`)

表示されていたのは、課題曲ランキングの上位者の名前とスコア。
私のようなタイプには集客力はないと思いますが、ランキングが好きなタイプの人であれば、やってみようかな?と思わせることができると思います。

既存の曲ごとのランキングはプレイヤーズサイトへ行って自分で見たい曲を選んで表示するというメンドクサイ手順がありますが、課題曲ランキングは筐体で順位が確認できる。これがとても大きいと思います。

これでもっとシアトのプレイヤー人口が増えると嬉しいですねぇ(´▽`)

ラスダンへ行ける状態にはなっていましたが、しっかり準備を整えてからにしようね?といろんなNPCに言われたので、ここ数日間は素直に自己強化に励んでいました。

ネルセン(だっけ?)の試練はクリアし、大体装備もそろってきたかなーということで、そろそろラスダンにれっつごーしようかと思っているところです。

現在、サラサラ君のレベルが91。
特にレベル上げはしておらず、新規ダンジョンのモンスターは基本的に全部狩りながら歩いていたらこうなりました。

今までほとんど苦戦らしい苦戦をすることなく進んできましたが、最後はどうなることやら(´▽`)

まさかの二個目。
dq11_20170827-001.jpg

今度こそストーリー的に全部クリアしました(´▽`)

序盤こそ、いつものドラクエだなーとダルダルプレイしていましたが、途中から面白くなり始めて、一度目のクリア時点ではかなり楽しんでいたように思います。

以下、ツラツラと覚書。
いつも通りネタバレしまくり。

■画面酔い

いつか慣れるかな?と思っていた画面酔い。
結局、最後の最後まで苦しめられましたorz

特に、このDQ11の画面酔いはタチが悪いというか、一度酔うと長時間ひきずるタイプの酔い方で辛かったです。
画面酔いを克服する方法とかないですかねぇ・・(≡д≡)

■音楽

作曲担当のすぎやまこういちさんのお歳を考えたら、もう無理は言えないのだろうなーと思ったり、そもそも今までの功績を考えたら文句を言うなんてどうなんだろうと思ったりもするわけです。

まあ、そう前置きしている時点でバレバレですが、少なくとも今作のために書き下ろされた曲に関しては、おおっ!と思う曲はありませんでした。

過去曲がやたらと使用されていた点については、ストーリー的に考えてアリなんだろうとは思うのですが、DQ4以降の曲も使われていたので、若干やりすぎな気もします@w@;

私はドラクエはストーリー以上に音楽を楽しみにプレイしているので、そういう意味では満足度は低かったです。

これは完全に私の推測なのですが、すぎやまさんの作曲方針として「聞き減りしない曲を」というものがあったので、場面に合いさえすれば過去作の曲を使っても問題ないと考えておられるのではないかなーと愚考しています。

具体例を挙げると、ケトスに乗る時はDQ3のラーミアに乗る時の曲「おおぞらをとぶ」が使われています。
私にとっては「おおぞらをとぶ」はDQ3のラーミア固有の曲で、ラーミアの優雅さや繊細さや神々しさを表現した超名曲でして、これをあの巨体が空を飛ぶ場面で流されてしまうと違和感しかないのです。

まあ、最終的にこのゲームのストーリーを考えると、「おおぞらをとぶ」でも大丈夫だったのだと分かるのですが@w@;
ストーリー的に正解なのは分かるのですが、出来れば新曲を作っていただきたかったなーと思ってしまいます。初めてケトスに乗った時のガッカリ感といったらもう・・。

ゲーム音楽はゲームの内容とリンクして記憶に残っているものなので、それが効果的に現れるところ以外では使いまわしをして欲しくないのです・・。

■鍛冶ゲー

素材を集めて自分でトンテンカンして出来た武器防具がその時点での最強装備ということが多かったので、かなり真面目に鍛冶ってました。

そのおかげで、プレイ時間の三分の一くらいは鍛冶もしくは素材集めに費やされたような気がします(´▽`)

序盤こそ苦労するものの、途中でへなんとかの炎(忘れた・・)を覚えてからは一気にラクになるのが、システム的に良く出来ているなーと思いました。

■過去作へのつながり

過去作へのつながりというのは、既にDQ3で一度やっていることなので、正直「またこれ?」という気持ちもありましたが、やっぱりいいものはいいですね(´▽`)

ただ、DQ1~3をプレイ済の私はなるほどー!という感じで気持ちよく終わりましたが、未プレイの家族は何のことやら状態だったので、DQ11をやる前にDQ1~3はやっておいた方が良いとは思いました。

■時間軸

最初のクリア時点でサラサラ君がいた世界と、二度目のクリア時点の世界と、賢者さんが戻った世界はそれぞれ別の世界ということらしいです。

それなら、サラサラ君の帰りを待っている一番最初の世界の人達の気持ちは放ったままになってしまうのだなぁ・・と思ったら、なんともいえない気持ちになりました。

まあ、どの世界もハッピーエンドには違いないからそのくらいいいじゃん(´▽`)ということなのでしょうけれどね。

■最後に

ここに書いたこと以外にも細かい気になる点がたーーーーくさんありましたが、終わってみれば楽しんだなーという記憶が一番に残っています。主に鍛冶(´◉◞౪◟◉)

今作は特にカミュさんのスキルの会心必中が神過ぎて、はぐれなんとかが出てくると半分以上は仕留められるので、まったくレベル上げを意識せずともレベルが上がりまくるという素敵仕様なのが良かったです。ドラクエ=レベル上げがダルイというイメージを払拭する勢いでした。

おまけにカミュさんにぬすみまくってもらうことで鍛冶の素材が集まるので、ボス戦以外はぬすむ特化装備のカミュさんが常駐状態でした。カミュさんマジ神。崇め奉るレベル(´▽`)

途中からボスを倒すために戦っているのか、鍛冶の素材を集めるために戦っているのか良く分からなくなっていましたが、DQ11は類稀なる鍛冶ゲーという結論が出たところで、このグダグダ感想を終了したいと思います。

毎度おなじみ二週に一度の新曲追加日(´▽`)デス

第18回ルクスクリスタルバトル

サボテンダー vs トンベリのルクスクリスタルバトルは、全国では負けてしまいましたが、ホームでは無事に勝ちました(´▽`)
とはいうものの、私の功績というわけではなく、どなたかが青優勢のところからひっくり返してくださったおかげです。ここで書いても伝わらないけど、ありがとうございましたー(´▽`)!

今回からはまた無条件の青チームに戻ります(´◉◞౪◟◉)イヒヒ

スフィアハンター・カモメ団 (FF10-2)

TFFCCのころからの苦手曲がきました(´▽`)ウヒョ

曲は好きなのですが、こういうトリガーの入りが分かりづらい譜面は苦手です。
いきなり後ろで鳴ってる小さい音をもってきたりするので、え?ここでその音拾うの?とビビりまくります。

譜面を覚えてリズム良く叩ければ楽しいのだろうなーとは思うのですが、トリアタマで常に初見に近い状態で目押ししている私には、ちょっと向いていないようです。無念(´▽`)

This Is The End For You! (FFCCCB)

FFCCCBは未プレイなのですが、めっさカッコイイ曲ですね。
基本と熟練をペアプレイで遊んだ後、うっかり超絶にペアプレイを解除せずに突っ込んで爆発しまくって泣いていました(´◉◞౪◟◉)グフッ

超絶の時はペアプレイしちゃダメ(´▽`)ゼッタイ!!!
・・でも、ちょっと楽しかったのも事実だったりします。ピンチで真っ赤になるの楽しい(´▽`)超タノシイ(´▽`)♪

個人的には、超絶も面白かったのですが、究極が素直にリズムに乗れる譜面で、叩いていてとても楽しかったです。

■飛翔 (ゼノギアス)

譜面的にどうこうというより、空に体を持っていかれそうな透明感のある音がたまらなくて、シアトってやっぱり楽しいよねーと思いながら叩いていました。

ここのところ、いかにして精度を上げて虹クリの個数を増やすかということに気持ちが向きがちだったのですが、シアトの本来の楽しさを思い出させてもらった気がします。少々大袈裟かもしれませんが@w@;

■女神の騎士 (FF13-2)

第18回ルクスクリスタルバトル報酬曲。

ホールドからホールドへの繋ぎが気持ちよく、しかもかなり長いので、ホールドを離すタイミングが良く分からない私には良い練習曲でした(´▽`)

まあ、練習したから出来るようになるかといえば答えはNOなのですけれども(´◉◞౪◟◉)

今更ではありますが、ホールドの終点も始点と同じ大きさのマルにしてもらえないですかねぇ・・。目押し(というより目離し?)しようにもジャストサークルと大きさが違うので出来ないのですよねorz

■目標進捗

超絶:難易度14以下全譜面フルチェイン

進捗率37% (20/53)
繋がりそうな曲を、遊びに行くたびに1回ずつ叩くようにしているものの、さっぱり繋がる気がしない。1クレ分(3回分)くらいは1つの曲に粘着した方が良さそう。

超絶:シーモアレンジ SS判定

未達成。苦手な部分がほとんどBAD or MISSる状態。運指を決め打ちにしないとどうにもならないかも?

究極:全譜面王冠付け

進捗率69% → 68%(121/176)
地味~に増えているけれど、新曲の曲数の方が多い(´▽`)

熟練:BMS全譜面ぼっちペアスタイルでフルチェイン

アルバム以外は大体終わったような終わってないような(´▽`)?

熟練:FMSのうにょうにょホールドを左手ボタン・右手スライダーで全譜面フルチェイン

見落としが無ければ完了。

熟練は大体目標完了したということで、次回以降は全譜面王冠付けを目指す。

基本:全譜面フルクリ

進捗率61% → 67%(119/176)
基本からコツコツということで、最近は基本のフルクリ埋めがメイン。


日記をサボッていたすばせかですが、寝る前にポチポチと進めていて、やっとこさ2ゲーム目?までクリアしました(´▽`)

この2ゲーム目ラストのボスが強くて強くて、イージーモードなのに何度戦っても倒せなくて苦労しました。

何度諦めようかと思ったことか・・(´▽`)

多分、きちんとお店に行ってアイテムを買っていないのが悪いのだと思います。
でも、文字が小さすぎてとても見づらいし、何より店員さんの心の声が聞こえてくるのが嫌で嫌で、行きたくないのですよねorz

こういうのです、こういうの・・。
subaseka20170830-001.png

品物を見ていたり、何も買わないで店を出ると、こういう心の声がバンバン聞こえてくるのです。
ゲーム=リアルではないとは頭では理解しているのですが、こういう品の無い台詞はゲーム内の表現であろうと、本当に苦手でして@w@;

いや、こんな文章書いてるヤツが品のあるなしをどうこう言うなんてオコガマシイ話なのですが。それはそれ、これはこれ、ということでひとつ。

多分、装備を揃えていかないとこの先やって行けなさそうなので、少し我慢して頑張ろうそうしよう・・。

あ、ストーリーそのものは結構面白いです(´▽`)