2017年5月アーカイブ

11章クリアまで(´▽`)

■不満の残る11章

ラオさんの裏切り?とその解決までがセットの話だった11章なのですが、話の筋がなんだか良く分からずに(?д?)状態でした。

自分が移民船クルーになれば家族も乗れるかもと思っていたら乗れなくて、家族は死んでしまって、自分だけが生き延びて?しまった。
全ての人に乗船チャンスがあるかと思っていたらそういうわけではなかったので腹が立った・・というところまでは分かるのですが、何故そこから寝返るという発想になるのかがサッパリ分かりませんでした。

NLAを潰し=全ブレイド停止して、セントラルライフ(だっけ?)の本体も全部停止させて、家族が乗れるかもしれなかった枠を抑えている人を殺して復讐?的な発想?なんですかね?

これが多感な中高校生くらいの子供がやらかしたことだというならまだ理解できなくもないような気もしますが、妻子あるおじさんの選択となると、正直これはないわ・・と思ってしまいます。

というわけで、リンちゃんの必死の呼びかけとかも、感情移入できていれば感動的なシーンだったかもしれないのに、ものすごく冷めた目で見ていて損をしてしまった感の強い11章でした@w@;

■Lv50

自キャラのレベルがやっと50を越え、30ドールから50ドールに変えたとたんに戦闘がラクになってヒャッホウ(´▽`)状態です。
やっと白大陸と黒大陸の敵もボチボチ倒せるようになってきたので、クエスト消化がてら殴り込みにいきたいですね~(´▽`)

まあ、テキトーに歩いているとLv60越えの大型オーバードに捕捉されて瞬殺されたりもするんですけれども(´◉◞౪◟◉)

12章クエスト中。

12章の連戦の途中で突然ドールが動かなくなりました(´▽`)
真ん中の戦闘開始ボタン?を選択しても何も起きずにうろうろしている間にバッタバッタと倒れていく仲間たち。

あれあれ?どうしたんだろう?バグ?バグなの?とパニくっていて気づきましたよ。燃料が底をついたという事に(´▽`)アチャー

慌ててドールから降りてみたものの、一人ではどうにもならず死亡しました(´◉◞౪◟◉)

一応直前の場所からやり直しは出来るけれど、NLAに戻っての立て直しは出来ないし、自ドールは残っているけれど燃料は無いし、生身?では勝てそうにないしで詰みました(´▽`)

やりなおしたくない(面倒すぎる・・)ので、WiiUを充電しながら燃料が回復するのを待っているのですが、燃料1回復するのに約3秒かかります。
多分、敵を倒すのに必要な燃料が3000くらいで、3000×3秒=9000秒=150分=2時間半(´▽`)(´▽`)(´▽`)

このまま朝まで放置して今日は寝ようそうしよう・・・zzz

クリアしてしまいました(・д・)

ラスボス戦でドールが燃料切れを起こしたので、WiiUを放置して燃料をためようかと思ったのですが、面倒になったので、生身でどの程度戦えるのかなーとやってみたらクリア出来てしまいました。

セントラルライフに入る時に二度も「後戻りできないよ?」的なことを言われたので、多分ラストダンジョンなんだろうなーとは思っていましたが、本当にこれで終わりだとは・・。
まだ起承転結の転の終わりくらいだろうと思っていて、これから結に向かうんだろうなーと思っていた矢先のクリアでして、正直ポカーン(・д・)状態です。

一言でいえば、ストーリーが薄すぎました。

単に薄いだけであればまだ良かった?のに、スタッフロール後に余計な謎追加ムービーが入っていたおかげで更に倍率ドン!でマイナス評価になりました。

なんですかあの「This story is never ending...」ってorz
まあ、ゼノギアスもゼノサーガも裏設定大盛りコテコテで情報を最後にドバーンと開示系のゲームなので、同じ会社が作っている?のであれば予想してしかるべきだったかもしれませんがそれにしても!

ひとつのゲームなのだから、物語はひとつにきちんとまとめて欲しいです。それが出来ないのであれば、ゼノブレイドクロス1とか、最初からシリーズであることを明記して欲しいです。
100万本売れたら続編を作れるけれど売れなかったので作れませんでしたというゲームが昔あったと思うのですが、あれはゼノギアスでしたっけ?もしかしてそのオマージュ???的な何かなのでしょうかね(≡д≡)ウーン

あまりマイナス点ばかり書いていると自分の気が滅入るので良いところを書いておきます(´▽`)

ゼノブレイドでもそうでしたが、人々から依頼されるクエストを片付けていく過程で、自分もそこに住んでいる住人になったような疑似的な感覚が発生したのは楽しかったです(´▽`)

ただ、クエストの内容がホンワカ系ばかりではなくて、むしろギスギスとした大人の事情とか酷いものが多かったので、もう少しなんとかならなかったのかなーとは思います。って、油断するとすぐマイナス点にいってしまう@w@;;

クリアしても継続してクエストを消化していくことで、まだまだ掘り下げられるとは思うのですが、なにしろ他に積みゲーがたくさんあるので、ゼノブレクロスはここまでにしようと思います。

そこかしこに散りばめられた良い点はたくさんあるのだけれど、同じくらい悪い点もたくさんあるし、ストーリーを重視する私にとってはかなり微妙なゲームというのが最終的な評価です。

ゼノブレイドクロスをクリアし、さて次はダクソ3のDLC第二弾?ゼルダ最新作?と悩み、ゼルダを始めることにしました。

多分、かかる時間はダクソの方が少ないだろうし、操作方法を忘れてしまうという意味でもダクソから取り掛かるべきなんだろうなーとは思いました。

でも、私以外の家族が毎日のように目の前でゼルダで遊んでいて、攻略法やらなにやらを楽しそうに話しているのを見聞きしてしまうともうダメです(´▽`)

やりたいゲームをやりたいときにやるぜー(´▽`)!精神の下、開始なのです。

閑話休題。

ニンテンドースイッチは独特のリモコンですが、どうもRスティック?の位置が感覚的に合わなくて、慣れるまでは苦労しそうな感じですねぇ・・(≡д≡)
Lスティックの位置が上なのにRスティックは下の方にあって、左右で同じ高さにないのがどうにも気持ち悪くて仕方ありません。

武器があっさり壊れてしまうのも地味にストレスです。
どんどん武器を持ち替えていくスタイルのゲームらしいですが、ひとつの武器を修理しながら大切に使う方が好みだし、ぶっちゃけると一度入手した武器防具は壊れないで欲しい(´▽`)デス

今日は1時間ほどウロウロと歩いて、はじまりの祠(だっけ?)に辿り着いたところで終了しました。
不思議と画面酔いしなかったので、明日からはもう少しガシガシ進めていきたいですね~(´▽`)


2週に一度の恒例新曲追加日(´▽`)デス

メビウスFFというスマホゲー?の曲が追加され、更には既存曲の超絶譜面が初めて追加されました。
最初の頃に比べると超絶譜面がかなり増えてきて、ゲーセンへ行くと、遊びたい譜面を全部叩けないという嬉しい悲鳴状態になっております(´▽`)アリガタヤー

Warrior of Light - MOBIUS FINAL FANTASY -(メビウスFF)

なんというか・・つかみどころのない曲でした。つかみどころがないというよりは、曲調が平坦な感じがして、閃光を大人しくした感じ(´▽`)?かもしれません。
譜面的にもこれまた平坦というか、素直な部類だとは思うのですが、こういうゆるいテンポの曲はどうも苦手らしく、結構凡ミス連発していました。

マジックマッドネス(メビウスFF)

テクノ系?DTM系?な、音が空間的に感じられる面白い曲でした(´▽`)
戦闘曲っぽいのですが、一体どういうところで使っている曲なんですかね~?
譜面的には、Warrior of Lightより難しいのだろうと思いますが、私はこちらの方が叩きやすかったです。

■闘う者達(FF7)

超絶譜面追加曲。
全体のそれぞれのパーツを取ってみれば鬼のように難しいわけではないけれど、きっちり読まなければミスする系の譜面で私好みでした(´▽`)ターノシーイ!!
読譜的に最初から最後まで気が抜けないという意味では、FF9の最後の闘いに近い感じですかね。慣れればフルチェイン出来そうな感触だったので、いつかはつなげたいです(´▽`)

■決戦(FF10)

第10回ルクスクリスタルバトル報酬曲。
TFFCCの時に大の苦手だった曲がとうとうきました@w@;;;
リズム感がある人にとってはなんてことない譜面だと思いますが、私みたいな目押しタイプにはなかなか厳しい曲だったりします。
究極はともかくとして、超絶は連打+超体力譜面で、今の私には無理がありました。なんですかあの両手連打乱舞・・orz
連打対策でコツコツ腕立てをしてはいるのですが、なかなか連打に強い腕になりません(≡д≡)ツライ

■第11回ルクスクリスタルバトル

戦士系 vs 魔道士系だそうで(´▽`)ヘーヘーヘー
強いて言えば魔導士派かな?とは思ったのですが、いつも通り青チームにしておきました。

ちょっと考えてみたのですが、多分、私が明確にチームを選択するのは、お題がトンベリ vs サボテンダーとかになった時なので、もうこの項目は毎回書かなくてもいいような気がしてきました@w@;

そういえば日記全然書いてないや(´▽`)とやっと気づいたのでメモ書き程度に。

一言でまとめると、エントリのタイトル通りです。
めっさ超絶に冒険しています(´▽`)ターノシー!!

■自由度が高い

山に登りたいと思えば登れ、泳ぎたいと思えば泳げ、持っているアイテムをこうしたらこうなるんじゃないかな~?と試すと、大体予想通りになって、ただ歩いているだけで楽しいです。

最初のマップだけは一通りチュートリアルをこなすまでは他の場所に行けませんが、そこをクリアすれば、手持ちのアイテムを駆使して大体の場所は行けます。
どこへでも行けてしまうので、ダンジョンも攻略する順番というものがなく、好き勝手に世界をウロウロできるのがいいです(´▽`)

まだまだ序盤もいいところですが、とてもとても私好みのゲームです(´▽`)
FF12やゼノブレイドのような、自分の足で世界をくまなく回って探索するのが好きな人にはたまらないゲームではないですかね~(´▽`)

■操作性

大絶賛しておいて落とすようですが、問題点が全然ないかといえばそういうわけでもありません。
特に、操作性についてはかなり微妙なラインです。

「+」ボタンや「-」ボタンにいろいろな機能を詰め込んであるので、いまだにどれがどれだか混乱します@w@;
それと、プレステのコントローラーのように左右対称的なつくりではないので、そこでも混乱します。

大抵のゲームは何時間かやっていると、いちいち操作方法を考えなくてもパッと手が動くようになるのですが、このゲームは一向にそうなる気配がありません。

もしかすると、私が歳を取って、そういった新しい操作性に対応できないだけかもしれませんけれども@w@w@w@w@;;;

新曲が追加されました~(´▽`)
今回は追加日の水曜日にゲーセンに行くことが出来なかったので、水曜は一日中ウダウダモダモダしていました。

■FF11-14ラスボスメドレー

いつも通りの、既存の譜面をつなげたメドレーらしいです(´▽`)タブン

■戦闘シーンA(FF2)

この曲はTFFCCでもありましたが、超絶付きで登場とは有り難い限りです(´▽`)
譜面的には難所はほぼ無いと思うのですが、スライドの方向がピンとこないというか、両手で交互に叩いた時に???となる部分があって、慣れるまでは大変そうな気がします。

■Twister(すばらしきこのせかい)

こちらもTFFCCにありました・・が、物凄く苦手な譜面だったのでACはどうよ!?と構えていたら案の定苦手系でした(´◉◞౪◟◉)ムリゲー

ゲームでも小説でも漫画でも音楽でもファッションでも・・、つまりは何でもそうなのですが、ワタクシどうにもオシャレというものに縁が無くて、苦手意識が先に立つんですよねぇ・・orz

超絶のラストのホールドとタッチ二連打ゾーンが地味に楽しいです(´▽`)

■ダンシングエッジ(メビウスFF)

第11回ルクスクリスタルバトル報酬曲。

曲がさっぱり聞こえなくて、一体何の音にトリガーを当てているかが良く分かりませんでした・・orz
なんというか、主旋律がはっきりしていない気がするので、苦労しそうなヨカン(´▽`)?

まあ、アポノクト超絶も始めの頃は同じことを言っていて、最終的には把握できたのであまり心配はしていません。
次回以降詰めていきますというか、詰められるといいなぁ・・(超弱気)。

世界をてくてくと歩き回って、やっとのことで全てのシーカータワー(だっけ?)を起動。マップ解放が完了しました(´▽`)

とはいうものの、マップをくまなく歩くということが出来ているわけではなく、マップ踏破率的な意味でいえば10%くらいではないかと思います@w@;

マップがあっても全く自分の位置が分からない方向音痴には広すぎる世界ではありますが、ちょこちょことコログさんやら祠やらに遭遇するのもあって、「ゲームの進行的に仕方なく歩かされている感覚」がありません(´▽`)ターノシー!!

最近マスターソードを入手して、やっとガーディアンを楽に倒せるようになってきて、ますます散歩が楽しくなってきました。
あ、でも、ライネルさんは全力で避けて通ってます(´◉◞౪◟◉)ウヘヘ

まだまだ歩き回りたい気持ちが強いのですが、そろそろいい加減に神獣(?)を解放した方が良いような気もするので、手始めにゾウさんあたりに行きますかねぇ・・。でも、家族が遊んでいるのを見る限り(超絶ネタバレ)だと、4つとも立体パズルっぽいので、メンドクサイから散歩していたいなーと思ったり思わなかったりやっぱり思ったり(≡д≡)

久しぶりにシアトに行ったら、なんだか色々と変わっていました(´▽`)

一応リンクしておこうそうしよう(´▽`)
アップデートのお知らせ(公式)

個人的に気になったところをツラツラとメモ。

■画面遷移

サービス開始から色々な機能が追加されたことでモッサリしていた画面遷移部分が改良され、以前よりはサクサク動くようになったようです(´▽`)アリガタヤー

どうせ手間暇かけてゲーセンに行くなら、一曲でも多く遊びたいですからね(´▽`)
実際にどのくらい短縮になっているのかはわかりませんが、随分と早くなったな~と思える程度にはサクサク速度になったので嬉しいです。

開発さん超ありがとうございますー(´▽`)!!

■BLACK-BACK設定

日記には書いていなかったと思いますが(多分)、特定の背景(3~4種類くらい?)でミス連発していたので、これもとてもありがたいです(´▽`)
背景がキラキラしているとトリガーが見づらいんですよね・・。

■シーモアレンジの音量

笑えるくらいの爆音になりました(´▽`)
正直、今までは小さすぎたとは思いますが、今回のアップデートで他の曲と比べて大きくなりすぎた気がします。
まあ、聞こえないよりは聞こえた方がいいのでOKかも(´▽`)?

出来れば、子午線とかアポノクトとか、他の音量小さめ系も大きくしてもらえると嬉しいですねぇ・・。
ただ、シーモアレンジの音が小さいという意見は見たことがあるけれど、他の曲については見たことが無いので、私の耳が悪い疑惑浮上(・д・)

■トリガーの表示処理調整

tffac20170531-001.png

文章が理解出来なかったので(?д?)です。
「トリガーが重なった際の前後関係」というのは、多分ひとつのレーンでタッチトリガーが高密度で配置されて重なって表示されるケースではないかと思うのですが、私は普段1.5倍でプレイしているのでそういう現象は起きません。
つまり、どういうバグが発生していたのかを知らないという@w@;;;

問題は「評価文字が重なった場合」という方なのですが、評価文字ってそもそも何のことを指しているんですかねぇ・・?
ざっと調べてみた感じでは、そんなところでメダパニっているシアトプレイヤーさんはいなさそうなので、一人悶々と悩みまくっています(´▽`)ゲセヌ

■トリガー配置位置微調整

微調整されたという譜面をいくつか遊びましたけれども・・・ワタクシなにしろトリアタマですから・・・。
さっぱり違いに気づきませんでした(´◉◞౪◟◉)グフッ

別にスコアが上がったとかいうこともなかったので、本当に「微」調整だったんですかね・・?

■まとめ

やりこみ要素(称号等)にはあまり興味がないので、そういう変更点については上では触れませんでしたが、かなりのボリュームの追加があったり、新規さんが始めやすいような工夫が見受けられたりで、率直に言って良アップデートと感じました。

なんというか、シアトの開発さんはプレイヤーの方を向いているように感じるのですよね。
いまだにハザマさんとマッチしたことのない身としては、スクエニさんのシアトにかける情熱の度合いについては「???」と思ったりもするのですが、少なくとも現場の開発さんが神対応してくださっているのがありがたいです。

せっかく環境を良くしてもらったのだから、これまで以上に遊びたいのですが、もう現状で体力的にいっぱいいっぱいレベルで遊びに行っているので、新規さんが増えてくれるといいなー(´▽`)と他力本願モードに入ったところでツラツラ感想を終了したいと思います。